CBD

【airis Mystica2 レビュー】軽量コンパクトな2way万能ヴェポライザー

どうも!ミスティー (@misty_blog)です。

VAPEやCBDリキッドを摂取する際、重要になってくるのはズバリ「ヴェポライザー」ですよね。

商品ごとに「サイズ」や「機能」が異なるので、好みも分かれてくるかと思います。

今回は、AIRISTECH(エアリステック)社が販売する「airis Mystica2」をレビューしました。

特徴や使い方、実際に使ってみた感想について詳しくまとめているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

airis Mystica2の外観と付属品

商品名AIRISTECH Mystica2 カートリッジ専用 ヴェポライザー
サイズ高さ40mm / 幅51mm / 厚さ15mm
電圧出力3.4V / 3.7V / 4.2V
バッテリー容量450mAh
規格510
付属品本体、マグネットアダプター小、マグネットアダプター大、USBケーブル
カラーブラック、レッド、シルバー、ブルー、ゴールド、レインボー (全6種類)
価格2,980円

中身は本体とUSBケーブル、アダプターが2個入っていればOKです。

サイズはかなり小さいですね。

手のひらに乗るくらいコンパクトですし、何より軽くて驚きました。

airis Mystica2の特徴

Mystica2の特徴は以下です。

  • 機能がシンプルなので操作しやすい
  • カートリッジ・アトマイザーの取り付け、取外しが簡単 (マグネット式)
  • 「1.0ml」と「0.5ml」の両カートリッジを使用可能。
  • CBDワックスや高濃度CBDリキッドに対応

Mystica2は操作方法が非常にシンプルなので、簡単に使えます。

余計な機能も一切付いていないので、ヴェポライザーを初めて購入する方でも安心してご利用いただけるでしょう。

また、Mystica2は「マグネット式」なので、用意したカートリッジもしくはアトマイザーに簡単にセットできるのも特徴の一つです。

ちなみに、カートリッジ・アトマイザーは付属のアダプターを利用すれば「1.0ml」と「0.5ml」の両カートリッジに対応することができます。

Mystica2のアダプター (「1.0ml」と「0.5ml」)

今回は、アトマイザーの中にCBDリキッドを入れ、Mystica2にセットしてみることにしました。

ちなみに、上のアトマイザーは510規格のものです。Mystica2では、直径12mmまでのスレッド510カートリッジ・アトマイザーに対応しています。

つまり、巷で販売されているカートリッジにはほぼ全て対応しているということですね。

510規格のアトマイザー・カートリッジには小さい方のアダプターを取り付ければOKです。

手で時計回りに回せば簡単に取り付けることができます。

あとはMystica2に差し込めばマグネットが反応してカチッとはまります。

Mystica2にアトマイザーをセットした画像

たったこれだけで完了。めっちゃ簡単です。

Mystica2を横から見た画像 (リキッド・VAPEの容量を確認できる)

こんな感じで横からリキッドの容量を確認することもできるので、出先で「リキッドが空…。」なんて自体に遭遇することもないので安心ですね。

airis Mystica2の使い方

「電源のON/OFの切り替え方」

電源はボタンを5回連続で押せば入ります。電源を切る時も同じでボタンを5回連続で押せばOKです。

「吸い方」

吸う前に、まずはじめにボタンを2回連続で押して「予熱機能」を利用しましょう。

予熱は約15秒間、レインボー点滅が合図となります。

予熱機能を利用すると中のリキッドの成分を分解することができるので、できるだけ利用した方がいいです。

特にCBDリキッドの場合はなおさらです。

CBDは粘度が高いので、成分が固着しやすいという特徴がありますので。

さて、15秒間の予熱が完了したら、あとはボタンを押しながら息を吸い込めばOKです。

電圧の変更は電源が入った状態でボタンを連続で3回押せば変更できます。

グリーン (3.4V)が1番弱くて、その次にブルー (3.7V)、1番強いのがレッド (4.0V)となります。

airis Mystica2使ってみた感想

Mystica2の使い心地はズバリ良かったですね。

今回私はCBDリキッドを注入したアトマイザーをセットしてみたのですが、液体が溢れることもなかったですし、CBDもしっかりと摂取できたので特別不満はありませんでした。

1番気がかりだったのは、ポケットに入れて持ち運びする際、液漏れしないかでした。こちらも問題ありませんでしたね。

Mystica2のマグネットはかなり強力なマグネットで固定されているので、作りに関しては言うことなしです。

ただ、気になったことが一つありまして、ヴェポライザーって類似商品が多いんですよね。

例えば、私がこれまで使っていた「プラスウィードのヴェポライザー(VAPE本体)」と「Mystica2」を比較してみると、機能がそこまで変わらないんですよ…。 (というより使い方まで全て一緒。)

形はかなり違いますが、電源の入れ方から予熱の方法まで丸っきし一緒なのは少し戸惑いました。

とはいえj、販売価格がだいぶ違うので、そういう意味では差別化できているんですけどね。

  • プラスウィードのヴェポライザー=5,000円
  • Mystica2=2,980円

類似商品でありながらも、プラスウィードのヴェポライザー (VAPE本体)はMystica2の1.5倍くらいします。

機能がそこまで変わらないのであれば「ぶっちゃけMystica2の方が良いんじゃね?」と私は思いますね。

当面の間はMystica2を使っていこうと思います。

Mystica2の評価
使いやすさ
持ち運びやすさ
値段
総合評価

結論:そこまでこだわりがないのであれば、Mystica2はめっちゃおすすめ。機能がシンプルで使いやすいし、価格も安いのでコスパがかなり良いです。

airis Mystica2レビューまとめ

本記事では【Mystica2】をレビューしてきました。

Mystica2は複雑な機能が一切付いていないシンプルなヴェポライザー。

価格が2,980円とかなり安い上に性能も悪くないので、コスパが非常に良い商品だと言えます。

電子タバコ用として購入しても良いですし、CBD製品を摂取するために購入しても良いでしょう。

Mystica2はCBDワックスにも対応しています。CBDワックスをMystica2で摂取する場合は、専用のアトマイザーを購入しましょう。

それでは今回は以上です。





-CBD

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5