CBDの知識

CBD製品の「ブロードスペクトラム」について解説【フルスペクトラムとの違い】

悩んでいる人
CBD製品を見ていると「ブロードスペクトラム」という言葉をよく耳にする。一体どういう意味なんだろう…。誰かわかりやすく教えてください。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブロードスペクトラムとは?
  • ブロードスペクトラムとフルスペクトラムの違い
  • ブロードスペクトラムのメリットデメリット

どうも!CBD専門家のミスティーです。

CBD製品のタイプは様々なので「どのタイプがおすすめなの?」「どのタイプが1番効果が強いの?」と迷ってしまいますよね。

私もCBD初心者の頃はよく理解していなかったので、自分にあった商品を選べていませんでした…。

ぶっちゃけCBD製品はタイプによって効果がかなり違うので、事前にCBD製品のタイプを理解しておくことはかなり重要です。

そこで今回は「ブロードスペクトラムの意味」についてわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、ブロードスペクトラムについて一通り理解できるので、ぜひ参考にしてください。





ブロードスペクトラム (BROAD SPECTRUM )とは?

ブロードスペクトラム (BROAD SPECTRUM)とは「幅の広い」「広範囲」といった意味です。

つまり、ブロードスペクトラムタイプのCBD製品には、CBD以外のカンナビノイドが幅広く含まれているというわけですね。

※カンナビノイドとは「麻」の成分の総称。カンナビノイドの種類はのべ100種類以上です。

例えば、ブロードスペクトラムタイプのCBD製品には、CBD以外にも以下のカンナビノイドが含まれています。

ブロードスペクトラムに含まれているカンナビノイド

  • CBDV(カンナビジバリン)
  • CBC (カンナビクロメン)
  • CBG(カンナビゲロール)
  • CBN (カンナビノール)
  • CBL (カンナビシクロール )
  • THCV(テトラヒドロカンナビバリン)
  • テルペン

などなど

※ブロードスペクトラムタイプのCBD製品には、THCを除いたカンナビノイドが含まれています。

ちなみにですが、ブロードスペクトラムは「日焼け止め」や「薬剤」にもよく使われている言葉です。

  • 日焼け止めのブロードスペクトラム=広範囲の波長の紫外線を防止する
  • 薬剤のブロードスペクトラム=広域抗生物質・広い抗菌スペクトラム保有薬剤・広域スペクトラム薬剤

ブロードスペクトラム=「幅広い」と理解しておけば大丈夫です。

ブロードスペクトラムとフルスペクトラムの違い

ブロードスペクトラムと似た言葉に「フルスペクトラム」があります。

ブロードスペクトラムとフルスペクトラムの違いはズバリ「製法」です。

製品に含まれる成分はかなり似ていますが、そこに到るまでの過程が違います。

例えば、ブロードスペクトラムタイプの製品は、アイソレートCBD (単一CBD)に対して、THC以外のカンナビノイドを後から加えているんですよね。

一方、フルスペクトラムタイプの製品は、特殊な方法 (『超臨界二酸化炭素抽出法』)を用いてTHCをはじめに除去しているのです。

  • THC以外のカンナビノイドを後から加えるのがブロードスペクトラム
  • THCを抜くのがフルスペクトラム

どちらのタイプも出来上がった製品は「CBD+カンナビノイド」となります。

なので、いずれにしても、「CBD以外のカンナビノイドが含まれている」ということに変わりはありません。

フルスペクトラムの意味については「CBDのフルスペクトラムとは?効果の違いについて解説【おすすめリキッドとオイルも紹介】」でも詳しく解説しています。



ブロードスペクトラムのメリットデメリット

ブロードスペクトラムタイプのメリットは、アイソレートタイプ (単一CBD )よりもCBD効果が強い点です。

先ほどお伝えしたように、ブロードスペクトラムタイプにはCBD以外のカンナビノイドが加えられているので、単一タイプのCBD製品よりもCBD効果が強くなります。

CBDは性質上、他のカンナビノイドと組み合わさるとより効果が強くなるのです。

この組み合わせによって効果が強くなる働きを「アントラージュ効果」と言います。

アントラージュ効果とは、成分単体よりも複数の成分を同時に摂取した方が「より強い効果を得られる」というもの。別名「取り巻き効果」とも言います。

「CBDをガッツリキメたい」

という場合でしたら、CBD以外のカンナビノイドも含まれている「ブロードスペクトラム」もしくは「フルスペクトラム」を選んだ方が良いでしょう。

CBD単一タイプでもCBD効果は得られますが、その効果の強さ・現れ方には大きな差があります。

そして次に、ブロードスペクトラムタイプの「デメリット」に関してですが、ブロードスペクトラムタイプはCBD単一タイプの製品よりも比較的価格が高い傾向です。

なので、「低価格のCBD商品を使っていきたい」という方にはあまりおすすめできません。

繰り返しになりますが、ブロードスペクトラムタイプのCBD製品には、CBD以外のカンナビノイドが多数含まれているので、その分効果も強くなり、価格も高くなりますので。

関連記事:価格の安いおすすめCBDリキッドランキングベスト3を発表!【コスパ・効果が抜群のリキッドはこれ!】

CBD製品の「ブロードスペクトラム」について解説|まとめ

本記事では【ブロードスペクトラム】ついて解説してきました。

それではまとめです。

ポイントまとめ

  • ブロードスペクトラム (BROAD SPECTRUM)とは「幅の広い」「広範囲」という意味
  • フルスペクトラムとは製法が違う
  • ブロードスペクトラムはTHC以外のカンナビノイドを後から加える製法
  • ブロードスペクトラムはCBD単一タイプよりもCBD効果が強い
  • 価格がCBD単一タイプよりも若干高いのがデメリット

ブロードスペクトラムの製品のCBD効果は確かなものです。

個人的にはフルスペクトラムタイプの方がさらにCBD効果が強い気がしますが、いずれにしても、強いCBD効果を得たい方は「ブロードスペクトラムタイプ」もしくは「フルスペクトラムタイプ」のCBD製品を選べばOKです。

それでは今回は以上です。

CBDリキッドおすすめ
【コスパ重視】価格の安いおすすめCBDリキッドランキングTOP5を発表!

続きを見る

CBDリキッド高濃度おすすめランキング
【最強おすすめ】CBDリキッド高濃度おすすめランキングTOP10【フルスペクトラム・高品質】

続きを見る





-CBDの知識

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5