CBDの知識

CBDのアイソレートとは?フルスペクトラム・ブロードスペクトラムと何が違うのか解説!

CBDアイソレート

悩んでいる人
CBD製品の「アイソレート」って何?誰かわかりやすく教えてください。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • CBD製品のアイソレートとは?
  • アイソレートとフルスペクトラム・ブロードスペクトラムの違い
  • アイソレートCBDのメリットデメリット

どうも!CBD専門家のミスティーです。

この記事ではCBD用語の1つ「アイソレート」について詳しくまとめています。

「アイソレートって何?」

という方はぜひ本記事を参考にしてください。





CBDのアイソレート ( isolate)とは?

CBDパウダー (アイソレート)

アイソレートとは「分離する」という意味です。

つまり、CBD製品におけるアイソレートの意味とは、100種類以上ある麻の成分 (カンナビノイド)の中から、CBDのみを分離した製品のことを指します。

CBDの抽出方法

CBDは「超臨界CO2」という方法で抽出されます。

他にもエタノール抽出法方や炭化水素抽出方法がありますが、いずれも旧式で現在はあまり使われていません。

超臨界CO2抽出機

超臨界CO2抽出機

CBD抽出の流れは以下の3ステップで行われます。

  1. CO2抽出してフルスペクトラムCBD取り出す。
  2. CBD以外の成分を「脱炭酸」という方法で酸を排除し、濾過(ろか)をしてCBD以外の成分をフィルターする。
  3. Winterization Process”(脱ろう処理)で残ったワックスや脂肪分を取り除く。

上の工程を終え、最後に残るのがアイソレートCBDというわけですね。

実際には「CBDパウダー」として各CBDメーカーが販売しています。

CBDパウダーは純度99.9%以上の物がほとんどなので、純粋にCBDのみを摂取したい場合におすすめの製品です。

ファーマヘンプ社のCBDパウダー

ファーマヘンプ社のCBDパウダー

関連記事:Pharma hemp (ファーマヘンプ)のCBDパウダーレビュー【口コミ評判もご紹介】

ちなみにですが、アイソレートタイプのCBD製品には「CBDリキッド」や「CBDオイル」も含まれます。

例えば、「月の葉のCBDリキッド」はアイソレートタイプの代表格と言えるでしょう。





アイソレートCBDの使い方

CBDパウダーの使い方

CBDアイソレートはさまざまな使い方ができる万能な製品です。

例えば、食べ物や飲み物に混ぜることで手軽にCBDを摂取できます。

※CBDは冷たい飲み物に混ぜると溶けにくいので注意してください。

CBDリキッドやワックスの場合は「専用機器 (ヴェポライザー)に入れる」という手間がかかるので、それに比べると楽ですね。

ちなみにですが、CBDアイソレートを「CBDオイル」や「CBDリキッド」に混ぜてCBD濃度を上げることもできます。

例えば、容量10ml、CBD含有量1000mgの商品 (CBD濃度10%)の商品にCBDアイソレート (純度100%)を1000mg追加すると、CBD濃度は10%→20%に上がります。

「お金をかけずに高濃度CBDを摂取したい」

という方にとってアイソレートCBDは必須アイテムだと言えるでしょう。

ちなみにですが、電子タバコ(VAPE)ユーザーの方でしたら、通常のリキッドに混ぜて「オリジナルのCBDリキッド」を作ることも可能です。

アイソレートとフルスペクトラム・ブロードスペクトラムの違い

CBD製品の中には「アイソレートタイプ」以外にも「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」があります。

一体何が違うのかというと、含まれている成分の違いですね。

CBD製品の特徴一覧

  • アイソレート=CBDのみを分離した製品
  • フルスペクトラム=カンナビノイドの中からTHCを除去した製品
  • ブロードスペクトラム=アイソレートCBDにTHC以外のカンナビノイドを後から加えた製品

アイソレートタイプのCBD製品には、CBDのみが含まれているのに対して、フルスペクトラムタイプ・ブロードスペクトラムタイプの製品には、CBD以外のカンナビノイドも含まれています。

CBD以外のカンナビノイド一覧

  • CBDV(カンナビジバリン)
  • CBC (カンナビクロメン)
  • CBG(カンナビゲロール)
  • CBN (カンナビノール)
  • CBL (カンナビシクロール )
  • THCV(テトラヒドロカンナビバリン)
  • テルペン

…などなど。

その他には「価格の違い」が挙げられます。

例えば、アイソレートタイプとフルスペクトラム・ブロードスペクトラムタイプの価格は倍近くの開きがあります。

なぜここまで価格が違うのかと言うと、これは単純に、アイソレートタイプのCBD製品にはCBD以外のカンナビノイドが含まれていないからです。

例えば、果汁100%のジュースよりも、ウコンやターメリックなどが配合されている野菜ジュースの方が価格は高くなりますよね。

このように、CBD製品も、CBD以外の成分が含まれていると必然的に価格も高くなるのです。

アイソレートCBDのメリットデメリット

アイソレートのメリットはやはり価格が安い点ですね。

CBD製品の価格比較

  • アイソレートタイプ=安い
  • フルスペクトラムタイプ=高い
  • ブロードスペクトラム=高い

アイソレートタイプのCBD製品は価格が安いので「CBDをとにかく試してみたい」という方におすすめです。

逆にデメリットとしては、アイソレートタイプのCBD製品は、フルスペクトラム・ブロードスペクトラムタイプのCBD製品よりCBD効果が弱いんですよね。

ここがかなりややこしい点でして、CBDの純度が高いんだからCBD効果もアイソレートタイプの方が強いんじゃないの?と思うかもですが実は違うんですよ。

CBDは他のカンナビノイドと組み合わせるとよりCBD効果が強くなるのです。

このことを「アントラージュ効果」と言います。

アントラージュ効果とは、成分単体よりも複数の成分を同時に摂取した方が「より強い効果を得られる」というもの。別名「取り巻き効果」とも言います。

なので、純度の高いCBDパウダーなどは、他のCBD製品のCBD濃度を上げるために使われることが多いんです。

CBDパウダーをそのまま舐めたり食材と混ぜて使ってもCBD効果は得られますが、より強いCBD効果を得たい場合は、できるだけ他のCBD製品と組み合わせて使った方が良いでしょう。

CBDのアイソレートとは?|まとめ

この記事では【CBDアイソレート】について書きました。

それではまとめです。

ポイントまとめ

  • アイソレートとは「分離する」という意味。
  • アイソレートタイプの製品にはCBDのみが含まれている
  • CBD効果はフルスペクトラムやブロードスペクトラムよりも弱い
  • 価格が安い
  • 他の製品のCBD濃度を上げるために使うと効果的

CBD用語の一つ「アイソレート」とは、CBDのみを分離するという意味合いのもと使われています。

CBD効果に関しては、他の製品よりも比較的弱いです。

しかし、アイソレートCBDにはCBDの濃度を上げる役割もあるので、あながち使い道がないわけではありません。

価格もそこまで高くないので、コスパよくCBD濃度を上げることができる製品です。

もちろん、純粋にアイソレートCBDのみを摂取してもCBD効果は得られます。

それでは今回は以上です。

関連
Pharma hemp (ファーマヘンプ)のCBDパウダーレビュー【口コミ評判もご紹介】

続きを見る

関連
CBDリキッドおすすめ
【コスパ重視】価格の安いおすすめCBDリキッドランキングTOP5を発表!

続きを見る

関連
CBDリキッド高濃度おすすめランキング
【最強おすすめ】CBDリキッド高濃度おすすめランキングTOP10【フルスペクトラム・高品質】

続きを見る

関連
CBDのフルスペクトラムとは?効果の違いについて解説!

続きを見る





-CBDの知識

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5