CBDの知識

CBDとは?どんな効果があるの?初心者のためにわかりやすく解説【これだけ読めばOK】

CBDとは?

悩んでいる人
最近よく「CBD」って聞くけど一体何のことなんだろう。誰か詳しくCBDについて教えてください。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • CBDとは?
  • 合法?違法?
  • CBDの効果とは?
  • CBDに副作用はある?
  • CBDに耐性はある?
  • CBD製品の種類

どうも!CBDレビュアーのミスティーです。

この記事では、今流行りのCBDについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば「CBDとは一体何なのか?どのような成分なのか?」詳しく知ることができます。

CBD製品を使用してみたい方、摂取したいけど不安…。という方はぜひ本記事を参考にしてください。

CBD (カンナビジオール)とは?

CBDとは?

CBDとはカンナビノイドの一種です。

悩んでいる人
カンナビノイド?

カンナビノイドとは「大麻草」と「ヘンプ」に含まれている成分の総称のこと。

大麻草は400種類以上の成分 (活性化合物)から成り立っていて、その大部分を締めるのがカンナビノイドとなります。

カンナビノイドとは?

カンナビノイドの種類は100種類以上あり、その中でも有名なのは「THC」です。

しかし、近年では「CBD」も注目を集めています。

なぜCBDに注目が集まっているのかと言うと、CBDには「薬理効果」があるからです。

CBDにはさまざまな薬理効果があるので、「摂取すると健康的になれる」と世界中で爆発的なブームが巻き起こっているのです。

CBDは違法?

CBDは違法?合法?

結論から言うと、CBDは違法ではありません。

悩んでいる人
でも、日本で大麻を所持したら違法って聞いたけど?本当に大丈夫なのかな。

日本で所持すると違法なのは「THC」です。

CBDも「大麻に含まれている成分」という意味では同じですが、違法成分ではないので所持・使用したとしても何ら問題はありません。

CBDは「大麻取締法」で規制されているわけでもないので、安心・安全に摂取できる成分です。

関連記事:CBDリキッドはやばい?違法なの?匂いはどんな感じ?健康に害があるのか解説。

大麻の成分 (カンナビノイド)で規制されているのは「THC」のみです。そのほかの成分は全て合法なので所持・使用が認められています。

悩んでいる人
CBDとTHCは何が違うんですか?

CBDとTHCの違いはズバリ「効果」です。

CBDは摂取してもハイになりませんが、THCを摂取するとハイになります。

※ここで言う「ハイ」とは、狂酔感や五感の変化を指します。

CBDを摂取しても気分が大きく変わることはありません。

一方、THCは精神に強く作用する成分なので、人によっては気分が落ち込んだり高くなったりします。

この精神に作用するかしないか?という点がCBDとTHCの大きな違いだと言えます。

CBDとTHCの違いについては「CBDと大麻の違いについて解説【CBDとTHCの効果の違いとは】」でも詳しく解説しているので、良ければ合わせてどうぞ。

CBDの効果とは?

CBD効果

CBDを摂取すると以下の効果・効能に期待できます。

  • 抗ガン作用
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 精神安定作用
  • 抗うつ作用
  • 鎮痛効果
  • 神経保護効果
  • 抗菌効果
  • 制吐作用
  • 抗けいれん作用
  • 抗精神障害作用

※上に記載されている効果が絶対に得られるわけではありません。CBDの効果はその人の体質や摂取した商品によっても異なります。

また、CBDには怪我や病気の症状を緩和させる効果もあります。

  • 依存症
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • ぜんそく
  • 自閉症
  • アルツハイマー病
  • ADD/ADHD
  • 不安神経症
  • 関節炎
  • 自己免疫疾患
  • がん
  • 脳震とう、脳/脊髄損傷
  • うつ病
  • 糖尿病 (1型/2型)
  • 線維筋痛症
  • 炎症性腸疾患
  • 偏頭痛
  • 多発性硬化症
  • 悪心/嘔吐
  • ニューロパチー
  • 肥満
  • パーキンソン病
  • 疾痛
  • 疼痛
  • 心的外傷後ストレス障害 (PTSD)
  • 総合失調症
  • 発作性疾患 (てんかん症候群)
  • 皮膚病
  • 睡眠障害

ちなみにですが、怪我や病気でなくてもCBDを摂取する方は大勢います。

CBDを摂取すれば単純にリラックスできますし、ストレスも緩和されるからです。

CBD効果が得られる理由とは?

なぜCBDを摂取するとさまざまな効果が得られるのでしょうか。

それは、CBDにはエンドカンナビノイド・システム (ECS)の機能を改善・保護する働きがあるからです。

悩んでいる人
エンドカンナビノイド・システム??

エンドカンナビノイド・システム (ECS)とは、我々人類の身体に本来備わっている「身体調節機能」のこと。

エンドカンナビノイド・システムがあるおかげで、私たちの心身の健康状態は保たれているのです。

エンドカンナビノイド・システム (ECS)とは?

エンドカンナビノイド・システムは、人体にもともと蓄えられているカンナビノイドの働きかけによって動きます。

しかし、カンナビノイドは肉体的・精神的なストレスを受けると欠乏してしまうという性質があるので注意が必要です。

カンナビノイド欠乏症になるとエンドカンナビノイド・システムが正常に機能しなくなるので、さまざまな健康障害を引き起こします。

たとえば、

・発作
・気分障害
・全身の痛み
・吐き気
・片頭痛
・疲労
・繊維筋痛用
・過敏性腸症候群

などです。

エンドカンナビノイド・システムが正常に機能しなくなると、大きな疾患の原因となることも分かっています。

悩んでいる人
なるほど…。そこでCBDの出番ってわけか!

この衰えたエンドカンナビノイド・システムの機能を正常に戻してくれるのがそう「CBD」なのです。

CBDを摂取すれば、不足した内因性カンナビノイドを補うことができるので、エンドカンナビノイド・システムの働きを正常に戻してくれます。

その結果、さまざまな健康障害や怪我・病気の症状が改善されるわけです。

CBDの効果には目を見張るものがあります。アメリカでは「魔法の薬」と呼ばれているくらいです。

CBDに副作用はある?薬と一緒に使っても大丈夫?

CBDの副作用について

CBDの副作用に関する研究は多くありませんが、「通常の体の機能に害を及ぼすことはない」ということだけは確実に分かっています。

また、研究結果では「高用量のCBDを摂取しても体の機能は損なわれない」ということも分かっています。

私自身、CBDを毎日摂取し続けていますが、これまでに副作用のような症状が出たことは一度もありません。

ただし、気を付けなければならないのは、CBDを処方薬と同時に摂る場合です。

CBDには「薬物相互作用」を引き起こす可能性があるので、この点は注意してください。

処方薬と同時に摂る場合は必ずかかりつけ医と相談してからにしましょう。

たとえば、以下の医薬品には、CBDと相互作用を引き起こす可能性があります。

  • ステロイド
  • HMG-CoA還元酵素阻害薬 (スタチン)
  • カルシウムチャネル遮断薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • 消化管運動機能改善薬 (プロキネティクス)
  • 抗HIV薬
  • 免疫抑制剤
  • ベンゾジアゼピン
  • 抗不整脈薬
  • 抗生物質
  • 麻酔薬
  • 抗精神病薬
  • 抗うつ薬
  • 抗てんかん薬
  • βブロッカー
  • プロトンポンプ阻害薬 (PPI)
  • 非ステロイド系抗炎症薬 (NSAID)
  • アンジオテンシンII拮抗薬
  • 経口血糖降下薬
  • スルホニル尿素

引用元:CBDのすべて/アイリーン・コニェツニーローレンウィルソン

CBDに耐性はある?

結論から言うと、CBDに耐性はありません。

WHO(世界保健機関)の報告書にも「CBDに耐性はない」と記されています。

Male mice were injected i.p once a day for 14 days with either CBD (0.1, 1, or3mg/kg) or delta-9-THC (1, 3, or 10mg/kg). Tolerance to the effects of THC was observed, however no tolerance to CBD at any of the dosages was observed. [51] No studies of the physical dependence potential of CBD in animals were identified.

引用:World Health Organization

THCには耐性があるようですが、CBDには耐性が一切ないので、たとえ毎日摂取したとしても効果は継続して得られます。

ただし、CBDを毎日摂取すると、慣れによって「効果があまり感じられない」ということはあるでしょう。

しかし、それは耐性が付いたというより、体がCBDに反応している状態 (良い状態)を維持できているためなので、あまり気にする必要はありません。

もしあなたが「はじめてCBDを摂取した時のような感覚に戻したい」というのであれば、今摂取している商品よりも濃度を上げる、もしくは間隔を開けてから再び摂取することをおすすめします。

そうすることで、再び新鮮なCBD感が味わうことができます。

CBD製品の種類について

CBDの種類

悩んでいる人
CBD製品の種類にはどんな物があるんですかね?

CBD製品は年々増え続けているので種類がとても豊富です。

などなど。

海外では、水やお菓子などにも混ぜて販売されています。

今の日本ではまだそこまで種類が多くありませんが、とはいえブームは間違いなく来ているので、今後まだまだ種類は増えていくことが予測できます。

悩んでいる人
どの製品を選べばいいんだろう…。

そのような場合は以下の点を基準にして選びましょう。

  • 摂取方法
  • 効果の持続時間
  • 効果があらわれるまでの時間

CBDは製品ごとに「摂取方法」が異なります。

なので、自分に合った摂取方法はどれか?ということは必ず事前に調べてから購入すべきです。

たとえば「煙が苦手…。」という人がBDリキッドを選ぶのは愚行です。

また、CBDは製品によって「効果の持続時間」「効果があらわれるまでの時間」も異なるので注意が必要です。

摂取方法効果が現れるまでの時間CBDの吸収率効果の持続時間
経口摂取 (オイル・カプセル・グミ)30分〜1時間6〜20%6〜8時間
舌下摂取 (オイル)15分〜30分6〜20%4〜6時間
気化吸入 (リキッド)数秒〜10分56%1〜2時間
局所摂取 (クリーム)20分〜2時間50%2〜3時間

CBDリキッドの場合は摂取すると直ぐにCBD効果があらわれますが、CBDオイルの場合だと、効果があらわれるまでに最低でも10分は掛かります。

悩んでいる人
どの製品がおすすめですか?

日本でもっともポピュラーな製品は「CBDオイル」です。

CBDオイルなら舌下に数滴垂らすだけで簡単にCBD効果が得られるので、初心者の方からも人気が高いです。

「効果をガッツリ体感したい」というのであればCBDの吸収率が一番高い「CBDリキッド」を選んでも良いでしょう。

美味しく食べながらCBDを摂取したいのであれば「CBDグミ」がおすすめです。

CBDとは?どんな効果があるの?初心者のためにわかりやすく解説|まとめ

CBDとは?効果について

本記事では【CBD】について解説してきました。

それではまとめです。

本記事のポイント

  • CBDとはカンナビノイドの一種
  • CBDは違法ではない (所持・使用ともに合法)
  • CBDにはさまざまな薬理効果がある
  • CBDはエンドカンナビノイド・システムの働きを改善する
  • CBDに副作用はない
  • CBDには薬物相互作用を引き起こす可能性がある
  • CBDに耐性はない

CBDは安全な成分なので、摂取しても特別問題はありません。

私自身、CBDを摂取するようになってから、健康状態がとても良くなりました。 (ぐっすり眠れるようになったので、毎日アグレッシブに行動できています!)

今ではすっかり手放せません。

もしあなたもCBDに興味があるのであれば、ぜひ試しに一度摂取してみることをおすすめします。

効果は実証済みなので私が保証しますよ(^ ^)

というわけで今回は以上です。

関連
CBDオイルおすすめと選び方
【高濃度】CBDオイルのおすすめとその選び方【コスパ・安い】

続きを見る

関連
CBDリキッドおすすめ
【コスパ重視】価格の安いおすすめCBDリキッドランキングTOP5を発表!

続きを見る

関連
CBDグミおすすめ
【2020年版】おすすめのCBDグミ3選を紹介|美味しく食べれる人気グミはコレ!

続きを見る

関連
CBDリキッド高濃度おすすめランキング
【最強おすすめ】CBDリキッド高濃度おすすめランキングTOP10【フルスペクトラム・高品質】

続きを見る

関連
プラスウィード口コミ評判アイキャッチ画像
プラスウィード(+WEED)の口コミ評判・効果まとめ【実際に使ってみた感想をレビュー】

続きを見る

-CBDの知識

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5