CBDの知識

CBDと大麻の違いについて解説【CBDとTHCの効果の違いとは】

大麻とCBDリキッド

悩んでいる人
CBDと大麻の違いって何なのかな…。効果や効能がどう違うのか詳しく知りたい。CBDも大麻に含まれている成分だから、THCのように違法なのでは?誰か詳しく教えてください。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • CBDと大麻 (THC)の違いについて
  • なぜCBDは合法でTHCは違法なのか
  • THCは海外なら余裕で手に入るし吸うこともできる
  • CBDとTHCの違いを比べてみた感想

どうも!ミスティー (@misty_blog )です。

大麻を所持することは日本では違法なので「CBDも違法なのでは?危険な効果があるんじゃないの?」と不安になる方、疑問に感じてる方も多いでしょう。

今回は「CBDと大麻の違い」について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、CBDとは何なのか?大麻 (THC)とどう違うのか?詳しく理解できます。

記事の後半では【大麻 (THC)とCBDをそれぞれ摂取してみた感想】も合わせてご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。





CBDと大麻 (THC)の違いについて

CBDとTHCと大麻

CBD・大麻・THCの違いは以下です。

  • 大麻=カンナビノイドの集合体
  • CBD (カンナビジオール)=カンナビノイドの一種
  • THC (テトラヒドロカンナビノール)=カンナビノイドの一種

※カンナビノイドとは、大麻(アサ)に含まれる化学物質の総称のこと。窒素を含まず、酸素と水素、炭素からなるので、アルカロイドには分類されません。

引用元:wikipedia-カンナビノイド

ちょっとややこしいのですが、CBDは"成分"なので大麻とは別のくくりです。

大麻は"植物"なので。

THCに関しても同様のことが言えます。

THCもCBD同様、大麻に含まれている成分 (カンナビノイド)の一種です。

大麻も野菜や果物と同じように、様々な成分 (カンナビノイド)から成り立っているのです。

そして、面白いのがCBDとTHCはそれぞれ効果・効能が違うというところですね。

また、違法か合法かも変わってきます。

それでは詳しく見ていきましょう。



CBDとTHCは効果・効能が違う

THCとCBDの効果の違い

CBDとTHCの効果の違いは以下です。

  • CBD=摂取すると「体」や「脳」がリラックスする
  • THC=摂取すると「知覚」が変化する

CBDは「WHO」や「厚生労働省」などの権威ある期間が正式に「薬理効果のある成分」と認めています。

なので、医療分野で使われることが多い成分ですね。

例えば、うつ病やパニック障害などの症状を緩和させる効果があると言われています。

その他にも、怪我の痛みの緩和やストレス解消効果など、CBDには様々な効果があります。

近年ではアスリートの方も摂取することが多くなってますね。

K-1王者の武尊さんもCBDの愛用者

一方、THCには薬理効果がほとんどありません。

THCの主な効果としては、知覚や感覚の変化です。

例えば、THCを摂取すると気分上がったり食用が旺盛になったりします。

なので、若者がクラブやパーティーなどで気分を上げることを目的に摂取する場合が多いです。

CBDは合法だけどTHCは違法

CBDもTHCも同じ大麻から抽出される成分ですが、THCは所持が認められていません。

日本でTHCの所持が見つかると「大麻取締法」により厳しく罰せられます。

なぜ日本でTHCを所持すると違法なのか、これは「THC=有害な成分」としているためです。

厚生労働省の見解では、THCを摂取すると脳にダメージがあったり、幻覚が見えたりするので危険とのことです。

厚生労働省-大麻は危険

引用元:厚生労働省

ただですね、、、

THCの使用はOKなんですよね(笑)

ここがかなりややこしくて紛らわしいです。

なぜTHCの使用は認められているのかと言うと、これは誤ってTHCを摂取してしまう可能性を考慮したからです。

例えば、七味唐辛子の種なんかにも微量のTHCが含まれているんですよね。

※七味唐辛子の種は麻の種です。

なので、もし誤ってTHCが含まれている七味唐辛子を食べてしまったら、尿からTHCの陽性反応が出てしまいます。

THCの摂取が違法だとしたら、意図せず摂取した人も逮捕しなければなりません。

このような事態を防ぐために、THCの摂取は合法としたわけですね。

逮捕されるのはあくまでTHCを所持していた場合のみです。

とはいえTHCは海外だと普通に吸える

THCを摂取する女性

ここがかなり個人的に矛盾点だと思っていまして、日本では「THCは体に有害な成分だから違法」とされているのに、海外ではTHCの合法化が進んでるんですよね。

例えば、以下の国は微量であれば所持・使用ともに認められています。

大麻 (THC)の嗜好・医療での使用が合法化されている国

  • カナダ
  • ウルグアイ
  • チェコ
  • チリ
  • コロンビア
  • アメリカ合衆国
  • イスラエル
  • ベルギー
  • オーストリア
  • オランダ
  • イギリス
  • スペイン
  • フィンランド
  • ドイツ
  • 韓国
  • タイ

※2020年8月時点での情報

国によって違法・合法が変わってくるのって大麻くらいだと思うんですよね。

例えば、覚せい剤は全ての国が違法としるわけじゃないですか。

なので、おそらく日本も時間の経過と共に少しづつ大麻の合法化が進んでいくのではないかと私は思っています。

もし大麻 (THC)が健康に害をきたすなら、世界は違法の方向に進んでいくはずですからね…。

「そうなってない=日本の法律がおかしい」

と考えざる得ません。

事実、日本ではすでに大麻合法化の流れが加速しています。

CBDとTHCを比べてみた感想

THCとCBDをそれぞれ摂取してみた感想

CBDとTHCの両方を私は摂取したことがあります。

効果がどう違うのかと言うと、全く違いますね(笑)

CBDに関しては、摂取するとリラックスできたり、良く眠れるようになります。

なので「医療目的で使うべき」というのは「あながち間違ってないな」と思いました。

ストレス社会の現代において、CBDは非常に有益な成分だと思います。

CBDを初めて摂取した時の感想は「CBDオイルの効果・効能について解説!【実際に使ってみた感想もご紹介】」でも詳しくご紹介しているので、どうぞ。

一方、THCに関してですが、摂取すると音楽の聞こえ方が変化したり、食欲が旺盛になりました。

あと、笑いのツボが広くなってちょっとしたことが面白く感じます。

なんて言うんすかね、、、

THCを摂取すると5感が活性化されるんですよね。

かなり不思議な草 (マリファナ)ですが、初めて摂取する場合はちょっと注意した方がいいですね。

この「急な感覚の変化」に対応できないかもしれないからです。

場合によっては、驚いて錯乱状態に突入することもあるでしょう。

いわゆる"バッドトリップ"ってやつです。

ただ、とはいえ大麻を吸ったからと言って「幻覚」などが見えることはないので、その点は安心して大丈夫です。

「大麻 (THC)を摂取すると幻覚が見える」

と言う人がいますが、あれはハッキリ言って嘘ですから。

大麻を吸って幻覚を見たという人を、私は見たこともなければ聞いたこともありません。

THCを摂取するとただ単純に5感が鋭くなるだけです。

そして、その効果も30分ほどで徐々に薄れていくのでそこまで危険なものではないですね。

CBDと大麻の違いについて解説【CBDとTHCの違いとは】|まとめ

この記事では【CBDと大麻 (THC)の違い】についてまとめてきました。

それではまとめです。

ポイント

  • CBD=リラックス効果メインの成分
  • THC=摂取すると5感が変化する
  • THCは海外では合法な国も多い
  • CBDは合法だがTHCは違法 (所持が違法)

CBDとTHCは大麻に含まれている成分の一種ですが、効果や効能が違います。

CBDは「リラックス効果」や「薬理効果」を目的に摂取するものなので、主に「医療分野」で利用される成分です。

一方、THCは摂取すると5感が鋭くなるので、嗜好目的で利用されることが多いです。

また、CBDと大麻 (THC)は違法か合法かも違います。

CBDは所持・摂取ともに合法ですが、THCの場合は所持すると大麻取締法で罰せられてしまいます。 (THCの摂取はOK)

それでは今回は以上です。

関連
CBDリキッドおすすめ
【コスパ重視】価格の安いおすすめCBDリキッドランキングTOP5を発表!

続きを見る

関連
CBDオイルおすすめと選び方
【高濃度】CBDオイルのおすすめとその選び方【コスパ・安い】

続きを見る

関連
CBDリキッドはやばい?違法なの?匂いはどんな感じ?健康に害があるのか解説。

続きを見る

関連
CBDリキッドはキマるのか。実際に使ってみたので真実をお伝えします。

続きを見る





-CBDの知識

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5