ブログ運営

ハロー効果とは?意味や具体例を解説!【ブログ運営に役立つ心理学】

この記事では心理学の一つ「ハロー効果」について解説していきます。

ハロー効果とは、他人の容姿や権力などの中で「何か一つでも良い部分」があると「他の部分も全て良いのでは?」と錯覚してしまう心理学の一種です。

例えば、先日問題になったチュートリアルの徳井さんの脱税事件なんてまさにそうです。

まさか徳井さんが脱税しているとは、誰も予想できなかったのではないでしょうか。

徳井さんは外見がイケているので、その他の部分も「しっかりしている」と我々は錯覚させられていたわけですね。

ところが、もし仮にこれが坂東英二さんが脱税していたらどうでしょうか。

多分そこまで驚きませんよね。

※板東英二さんは、過去に脱税した事があるので。その他にもお金にまつわるトラブルを数多く起こしているため。

この違いはまさにハロー効果によるものです。

さて、前置きはこの辺にして、ハロー効果の詳しい内容について解説していきます。

ハロー効果の具体例

選挙おけるハロー効果

ハロー効果は「選挙」の時に威力を発揮します。

例えば、1974年のカナダ連邦選挙では、外見が魅力的な候補者は、そうでない候補者よりも2.5倍もの票を獲得することに成功しました。

つまり、有権者は候補者の考えている事(中身)よりも、外見を重要視しているということが明るみになってしまったのです。

また、ハロー効果の恐ろしさはこれだけではありません。

というのも、問題なのはこの「外見を重要視して投票している」という点に有権者が気付いていない事なんですよね。

実際に有権者の多くは、「なぜその候補者に投票したのですか?」質問された際、「候補者の外見には一切影響を受けていない」と答えています。

つまり、自分がハロー効果によって動かされている事に気付いていなかったのです。



裁判におけるハロー効果

絶対に公平な判決を下さなければならない「裁判」でも、ハロー効果によって結果が大きく変わってしまった事例があります。

例えば、ハンサムな男は判決が下される際、そうでない男性よりも判決が軽くなるということが証明されています。

これは女性の場合も同じです。(ブスは美人よりも罪が重くなる)

この事実はペンシルバニア州で行われた研究で証明されています。

「ハロー効果による裁判の判決が変わった事例」

・74人の男性被告の身体的特徴を記録して、その後の裁判の判決記録を調べたところ、ハンサムな男性の方が軽い判決を言い渡された。

・損害賠償の判決では、被告と被害者の外見の差によって賠償金の金額が変化した。外見の良い男性はそうでない男性よりも「損害賠償金」の支払い額に大きな違いが生じている。

引用:影響力の武器

このように、人の人生に大きく影響を与える裁判ですら、ハロー効果によって結果が大きく変わってしまうのです。

created by Rinker
誠信書房
¥2,370 (2020/07/04 22:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

主張や反論する際もハロー効果は関係している

例えば、会社の会議などで誰かが自分の意見を主張したり、意見に反論する場面があったとします。

こうした場面でも、ハロー効果によって結果は大きく変わります。

例えば、めちゃめちゃ美人なAさんと、めちゃめちゃブスなBさんの2人がいたとします。

この2人が論争になった場合、支持されやすいのはもちろんAさんの方です。(Bさんの意見の方が正しかったとしても)

なぜなら、ハロー効果によってAさんの方が優れていると錯覚しやすいからです。

また、2人が反論した場合、認められやすいのもAさんの方です。

うーん…。そう考えると、ブスって本当に可哀想…。(だって同じ意見を言っているわけですからね。)

このように、ハロー効果によって受け手の捉え方すら変わってしまうのです。



詐欺師はハロー効果は上手く活用している

詐欺師は「これでもか!」というくらい、髪形・服装・バッグなどにお金を掛けています。

なぜなら答えは単純で、言わずもがな「ハロー効果」を知っているからです。

詐欺師は「人は見た目が良い人を信じやすい」ということを熟知しているんですね。

全身をブランドの服で身にまとい、お金持ちを演じる事で相手(カモ)を信用させる作戦です。

実際に私は以前、ねずみ講の「主犯格の男」と対面した事がありますが、その時男は全身ブランド類で着飾っていました。

実際に会うと、普段そんな人は私の周りにいないので、圧倒されてしまい騙されそうになりました。

しかし、私は生まれつき疑い深い性格なので、騙されずに済みましたが。

この男にまんまと騙されている方もたくさんいましたが。

ハロー効果はいつから適用される?

実は私たちは、幼少期の頃からハロー効果の影響を受けています。

例えば、容姿の良い子供と悪い子供の2人がいたとします。

そして、その2人の子供が先生に立てついたとします。

その場合、先生はどちらの子供により腹を立てるでしょうか。

答えは、言わずもがな容姿の悪い子供の方に腹を立てやすいです。

ここでも、ハロー効果によって容姿の良い子供は得をしているということですね。

いや~残酷です。

こうして私たちは、物心ついた頃から既に「ハロー効果」に色々と振り回されているのです。

ハロー効果が適用されない例外もある

ハロー効果は、自分とライバル関係にあたる人との間では発揮されません。

例えば、恋愛における「恋敵」などですね。

もし仮にあなたの恋敵がめちゃめちゃハンサムor美人だったとします。

そうした場合、余計ライバル心に火が付くのではないでしょうか。

自分が恋敵よりも容姿で劣る場合は、「こいつには絶対負けたくねー」となるはずです。

その他にも、自分と敵対する相手との関係性の中でハロー効果は発揮されないと言われています。

ブログ運営にハロー効果を応用させる方法

ブログやサイトを運営している方なら、誰しもが「影響力」を持ちたいと考えるでしょう。

なぜなら、影響力があれば、それだけで物が売れますし、YouTube・Twitter・InstagramといったSNSで力を持つ事ができます。

また、影響力はフォロワー増加の最たる理由の一つと言われています。

で、、、

この影響力の高め方ですが、ハロー効果を上手く利用するのがおすすめです。

例えば、「小さな実績を代々的に公表する」というやり方ですね。

「フォロワー1,000人到達しました!」

「アドセンスに合格しました!」

とか、何でもいいです。

自分が出した実績は惜しみもなく公表しましょう。

現に、稼げているアフィリエイター・ブロガーは実績を代々的に公表していますよね。

これは、ハロー効果を上手く利用してフォロワーを増やそうとしているからです。

なので、あなたも小さな実績を出したら惜しみなく公表しましょう。

そうすることで、人はあなたに振り向くようになります。

まとめ

最後に、心理学における「ハロー効果」の内容をまとめておきます。

ハロー効果はその人の中に「優れた点」が一つでもあると、その他の部分も優れていると錯覚してしまう心理学のこと。

特に、「美人・ハンサムは何かと優遇されやすい」というのがハロー効果の最たる例です。

詐欺師が容姿端麗なのは、ハロー効果を狙っているためです。

くれぐれも騙されないようにしましょう。

心理学を学びたいなら「影響力の武器」がおすすめ!

created by Rinker
誠信書房
¥2,370 (2020/07/04 22:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

-ブログ運営

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5