LIFE

【人生が変わる】斎藤一人さんの名言集!天国言葉を聞いて思ったこと・感想まとめ。

日本の実業家・銀座まるかんの創設者である斎藤一人さん。

話し上手・大成功者として有名ですよね。

そんな斎藤一人さんは、これまでに数多くの名言を生み出してきました。

この記事では、私が好きな斎藤一人さんの名言をご紹介していきます。

人生に悩んでいる方・苦しんでいる方が斎藤一人さんの名言を聞けば、きっとその苦しみから解放されるでしょう。

斎藤一人名言集


「こんなイヤな家」とあなたが思うのは勝手ですが、そう思って生きるのか、「成長するために一番いい環境なんだ」と思うのかで、人生が全然違ってくるのは、簡単に想像できます。大切なのは、自分が自分の人生を選んでいると思うことです。自分の人生は自分で選んだ。自分の人生は自分の責任である。これが腑に落ちれば、人生のいろいろな問題はとても解決しやすくなります。

いつも人の悪口ばかり言っている人は、ほぼ100%の確率で、あなたのいない所ではあなたの悪口を言っていますよ。

人生で唯一「失敗」と言えることがあるとしたら、それは自分がやりたいと思ったことをやらなかったこと。行動しなかったことだけです。行動しなければ学べない。学ばなければ成長しない。成長しなければ生まれてきた意味がない。生まれてきた意味がないとしたら、それは自分にとって一番の失敗なのではないでしょうか。

嫌な奴から好かれてたらダメなんだよ。嫌な奴からは嫌われてないと。泥棒から好かれてるおまわりさんとかおかしいからね。

負けから学ぶことが多いから人生は失敗が多い。「俺はこんなに失敗して、ダメな人間だ」ととらえるか、「俺はこんなに学んだんだから得したんだ」ととらえるか。とらえ方が違うだけで、生きるのが苦しくなったり、楽しくなったり、違ってきます。どちらの前提で生きるかです。私だったら楽しい方の人生を選びますね。

幸せとは「思い」なんですね。幸せだと思う「思い」のこと。1000万円あって幸せだと思う人もいれば、1000万円あっても不幸せに思う人もいる。いい学校に入れて幸せに思う人もいれば、不幸せな人もいる。幸せとは「状態」じゃなくて「思い」。だから、「幸せなんだ」と思えば誰でも幸せになれるんです。

「どうしても許せないんです」という人がいたとしても、いるんだから仕方ありません。「嫌な奴がいる自分」を許すことです。だって、あながた「許せない」と思うんだから、その人は本当に嫌な人に違いないんです。嫌だと思っていい。それを「いい人だと思おう」「いいところを探そう」そう思うから、自分を否定することになってしまうんです。

人を愛するって、どんなことなんでしょう?私の考えている愛は、相手のことを考えてあげることなんです。自分のことしか考えないのはエゴです。本当の愛は相手のことを考えてあげること。でもそうするためには、自分のことを上手に愛せないとダメなんです。人を愛するには、まず自分を愛することが先なんですね。

お金がなくても、いじけない。お金があっても、いばらない。この二つができれば、魂は成長できますよ。

斎藤一人の名言おすすめセレクション

斎藤一人さんの名言の中でも、より聞いて欲しい名言を抜粋しました。

YouTubeで音声として聞くことも可能です。

この星は行動の星

斎藤一人さんは【行動の星】というお話をされています。

このお話は、これからビジネス(商売)を始める人にぜひ聞いてもらいたいです。


「この星は行動の星。行動してみない事には何もわからない。この世の中に最高の答えなんてないんだよね。だから、とにかく行動してみること。行動して失敗したら、修正してまた行動する。とにかく行動することが大事。考えてから行動するのは順番が逆だよ。」

by斎藤一人

痺れました。

この言葉は、事業で大成功を納めた一人さんだからこそ言える言葉ですよね。

斎藤一人さんは、高額納税者番付12年連続10位以内。実質手取り額日本一位。平均年収30億円の大実業家です。

多くの人は、最高の答えがないと、物事を始める事ができません。

なぜなら、失敗するのが恐いから。

でも、斎藤一人さんが言うように、実際に行動してみないとどうなるか何て誰にもわかりません。

だから、成功したいのであれば、とにかくまずは行動してみる事が大切なんだと、一人さんから教わりました。

その甲斐あってか、今ではさまざまな事に積極的に挑戦できるようになりました。

そして、行動すると「意外と簡単だった!」みたいな事って往々にしてあるんですよ。

だから、あなたも何かやりたい事がある場合は、失敗することを恐れずに積極的に行動してみてください。

ついてる・嬉しい・幸せ・楽しい

斎藤一人さんの口癖は「ついてる」だけではなく【天国言葉】全般です。

天国言葉とは、斎藤一人さんが創り出した「造語」ですね。

斎藤一人さんはどんな時でも「物事をポジティブに捉える癖」を付けています。

一人さんはなぜ物事をポジティブにとらえた方がいいのか、具体例を出して説明してくれています。

「物事をポジティブに捉える具体例」

例えば、もし交通事あったとしたら、あなたはついてると思えるでしょうか?

おそらく、多くの人は「なんてついてないんだろう…。自分は不幸だ!」と思うのではないでしょうか。

しかし、運が良い人はついてない事すらついてると思っています。

だって、交通事もしあったとしても、命が助かったのであれば、それは見方によってはついているのですから。

事実、ついてなかったら、打ち所が悪くて死んでしまいますからね。

交通事あっても、「命が助かった!なんてついてるんだ!」こう言う人に神は微笑むのです。

by斎藤一人

このお話を聞いて、僕は目から鱗がポロポロと落ちました。

今までなんて物事を否定的に捉えていたんだろうと。

何事もポジティブに捉えることで、人生が豊かになっていくのかもしれませんね。

感謝の反対は当たり前

斎藤一人さんのお話の中に「感謝」というお話があります。

このお話の中で、斎藤一人さんは「感謝の反対は当たり前」という名言を残しています。

僕はこの言葉を聞いて、驚きました。

なぜなら、今まで感謝の対義語なんて考えた事もなかったからです。

一人さんは「人は感謝することを忘れたその瞬間から不幸になる。感謝すれば問題は全て解決する。」と言っています。

例えば「なんで私ばかりこんな目に…。」なんて言葉には感謝の気持ちがありません。

なぜなら、あなたと同じように苦しんでいる人は大勢いるからです。

僕も昔は「なんで自分ばかりこんなめに!」と不幸・不平等ばかり周りにこぼしていました。

しかし、この話を聞いて「良くない事なんだな〜」と実感させられましたね。

人の悪口ばかり言う人とは付き合うな

斎藤一人さんは「悪口・不平不満(地獄言葉)」ばかり言う人とは「付き合わない方がいい」と断言しています。

そのお話はこちらの動画で詳しく説明しています。

私はこのお話を聞くまで、悪口・不平不満を言っていましたし、周りの人間もまた自分と同じように、悪口を言う人間ばかりでした。

しかし、幸せになりたいのであれば、一人さんが言うように、まずは自分が発する言葉を変えていかなければなりません。

「発する言葉が変われば、自然と考え方も変わり、行動も変わってくる」ということです。

この考えは、一人さんだけでなく、かの有名な「マザーテレサ」も同じ事を言っていますよね。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

byマザーテレサ

やっぱり、偉大な人たちは考え方が違いますね。

周りを見渡すと、確かに悪口・不平不満ばかり言っている人って、幸せそうじゃないんですよね。

だから、幸せな人生を歩みたいのであれば、言葉から変えていく必要があるんですね。

関連記事:なぜあの人は悪口ばかり言うのか。その心理や対処法について。

斎藤一人名言集|まとめ

いかがでしたでしょうか。

斎藤一人さんの名言はどれも胸に突き刺さりますよね。

一人さんの言葉を聞いて、あなたの人生が少しでも豊かになったのであれば、これほど嬉しいことはありません。

今後のあなたのご活躍を心よりお祈りしています。

【PR】斎藤一人さんのおすすめ書籍

斎藤一人さんが書いた本はこれまでに何冊も読んできました。

【人間関係・成功法則・お金の稼ぎ方】といったさまざまなジャンルに関する本を書かれています。

その中でも、私が実勢に読んでみて、「めちゃめちゃ役に立った・為になった」と感じた本をご紹介します。

主に【人生論】について書かれている本です。「斎藤一人さんってどう言う人なの?」と気になる方におすすめです。内容は難しくないのでスラスラ読めます。

一人さんいわく、人を見究める眼・時代の流れを見極める目はかなり大切だと。願力を養うことが人生を上手く生きるコツみたいですね。「時代や人を見る眼を養いたい」という人におすすめの一冊です。

-LIFE

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5