ブログ運営

キーワード選定の方法・やり方・コツをご紹介【初心者ブロガーでも簡単にできる】

悩んでいる人
ブログを始めたんだけど、どうやってキーワード選定すればいいのかわからない。上位表示できそうなキーワードを見つける方法が知りたい。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • キーワード選定を行う意味について
  • キーワード選定の方法・やり方
  • キーワードの探し方について
  • キーワード選定のコツについて
  • ライバルの強さを調べる方法

本記事の信頼性

ブログ歴4年、毎月30万円ほど稼いでいる専業ブロガーが執筆しています。

ブログアフィリエイトで最も重要な作業は「キーワード選定」と言っても過言ではありません。

なぜなら、キーワード選定がうまくできていないと、いくら良質な記事を書いても上位表示させられないからです。

つまり、ブログに人が集まりません。

そこで今回は「キーワード選定のやり方とコツ」についてご紹介していきます。

この記事を読めば、最低限のキーワード選定スキルが身に付くのでぜひ読み進めてみてください。

はじめに:キーワード選定をする意味について

既に理解している方もいると思いますが、念のため、キーワード選定をする意味について解説しておきます。

キーワード選定をする意味はズバリ集客のためです。

検索エンジンを利用する方(読者)は、何か悩みやわからない事があってグーグルの検索窓にキーワードを打ち込みます。

そのキーワードに対して我々は答えを返してあげるというわけですね。

ただ、キーワード選定は、ただ単純に需要がわかるだけじゃ意味がありません。

なぜなら、キーワードによっては「ライバルが強くて全く上位表示できない…。」なんてことも十分あり得るからです。

つまり、キーワード選定とは「ライバルの強さ、自分の記事が上位表示できるのか」という事を判断するための「事前リサーチ」とも言えます。

キーワード選定を行わないと、たとえ良質な記事を書けたとしても上位表示することはできません。

事前にキーワード選定をしっかり行うことで、あなたのブログにはじめて人が集まるようになるのです。

キーワード選定のやり方(手順)について

キーワード選定には「手順」があります。

料理と一緒で手順通りに進めるとうまくいくのでぜひ試してみてください。

キーワード選定の手順

  1. キーワードを探す
  2. キーワードの検索ボリュームを調べる
  3. 競合調査を行う

それでは具体的に見ていきましょう。

キーワードの探し方

まずはじめにあなたが狙いたいキーワードは「需要のあるキーワードなのか?」ということを見極めていきます。

どのようにキーワードを探すのかというと「ツール」を使えばOKですね。

※需要のあるキーワードを自分で予測できる場合はそれでもOKです。

キーワードを探すためのおすすめツール

この2つのツール使えば、需要のあるキーワードを瞬時に見つけることができます。

多くのブロガーに利用されている信頼性の高いツールなので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

初心者の方でも簡単に使えますよ。

related-keywordsの使い方

まずはじめに、あなたが狙いたいキーワードを入力します。

そして「取得開始」をクリックしてください。

すると、このように「ブログ+○○」といった感じで、○○の部分をツールが抽出してくれます。

ここに表示されるキーワードは、ある程度需要のあるキーワードです。

つまり、ここに表示されたキーワードを選び、上位表示させることができれば、あなたのブログにアクセスが集まるというわけです。

goodkeywordの使い方

goodkeywordの使い方は、related-keywordsの使い方とほぼ同じです。

調べたいキーワードを入力します。

検索ボタンをクリック。

related-keywordsと同じように、実際にグーグルで検索されているキーワードが表示されます。

個人的にはrelated-keywordsよりもgoodkeywordの方が好きですね。

なぜなら、goodkeywordなら「トレンド」も同時にわかるからです。

※とはいえ表示されるキーワードは「related-keywords」とほぼ同じです。基本的にはどちらを利用してもそこまで差はありません。

キーワードの検索ボリュームを調べる

キーワードを調べたら、次に「検索ボリューム」を調べます。

ここがかなり重要でして、ある程度ボリュームがないと、もし仮に上位表示されたとしても大したアクセスが集まりません。

例えば、月間1,000回検索されているキーワードで1位を取ったしたら、月間200PVほど集めることができます。

このような記事を100記事書けば、200×100=20,000PV集まるブログになるというわけですね。

2017年の検索順位別クリック率/SEOラボ

「需要のあるキーワードを狙って記事を書いてはじめてアクセスアップに繋がる」

このことは、ブログで収益を挙げるためにとても重要な考えです。

必ず覚えておいてください。

さて、それでは「どうやって検索ボリュームを調べるのか」という件について解説していきます。

検索ボリュームを調べる方法

キーワードの検索ボリュームは「キーワードプランナー」を利用すれば簡単に調べることができます。

キーワードプランナーとは「Google広告」の機能の一つです。Google広告に登録すると使えるようになります。

キーワードプランナーを利用するためには、「Google広告」の利用登録が必要です。

「Google広告の登録方法がわからない」という方は「【2020年版】キーワードプランナーの登録方法【チュートリアル】」をご覧ください。

さて、登録手続きが完了したら、キーワードプランナーの利用画面に移動して、先程抽出した需要のあるキーワードを「検索のボリュームと予測のデータを確認する」にコピー&ペーストしましょう。

ちなみにですが、ここに入力するキーワードは自分で予測したキーワードを入力してみてもOKです。

自分で予測したキーワードは、ライバルも思いつかないお宝キーワードかもしれません。

ぜひ試してみましょう。

キーワードを入力したら「開始する」をクリック。

すると、こんな感じで「月間平均検索ボリューム」が表示されます。

なお、注意点として言えるのは、詳しい検索ボリュームを知りたい場合は「Googleに広告費を払わなければいけない」ということです。

例えば、無料でキーワードプランナーを利用すると曖昧な数字しか表示されません。

キーワードプランナーの月間平均検索ボリューム数を詳細化させる【200円でOK】/髪飾り情報局

検索ボリューム1万と10万じゃかなりの差がありますよね。

なので、キーワードプランナーを利用するならGoogleに少しだけ広告費を払っておきましょう。

具体的にいくら払えば詳しい検索ボリュームが表示されるのか?ということは、正式に公表されていないのでわかりかねますが、おおよそ200円から~300円程度支払えば、詳しいボリュームが表示されるようになると言われています。

実際に私も毎月300円ほど払うことで利用できているのでまず間違いないでしょう。

「キーワードプランナー使うの面倒くさいな…。」と思うかもしれませんが、今現在だと、検索ボリュームを調べる方法は「キーワードプランナー」に頼る以外ありません。

「ahrefs」などの海外ツールを利用すれば同じように検索ボリュームを調べることができますが、いかんせん料金が高いんですよね。

※ahrefsは大体月1万円くらいします。

なので、できる事ならGoogleに広告費(約300円)を支払って、詳しい検索ボリュームを表示できる状態にしておいた方がいいです。

キーワードプランナーで詳しい検索ボリュームを表示させる方法は「キーワードプランナーの月間平均検索ボリューム数を詳細化させる【200円でOK】」をご覧ください。

どのくらいの検索ボリュームを狙えばいい?

検索ボリュームは多ければ多いほどいいです。

理由は言わずもがな、上位表示できた場合に集まるアクセスが多いからです。

ただ、基本的に検索ボリュームが多いキーワードは、比例してライバルも多くなります。

なので、はじめは300~1万程度のキーワードをコツコツ拾っていくのが定石です。

ブログを解説したばかりの頃はまだドメインパワーも弱いでしょうし、被リンクだってほぼ0の状態だと思います。

そのような状態でライバルの強いキーワードを狙ってもまず上位表示できません。

検索ボリュームの多いビッグキーワードを狙いたくなる気持ちもわかりますが、はじめは無理なのでやめておいた方が無難です。

ライバルの強さを調べる意味

ここまで来たら、最後にライバルチェックを行います。

なぜライバルチェックを行うのかというと、検索上位に「大手企業」や「公式サイト」が来ていないかリサーチするためです。

ここかなり重要です。

というのも、上位表示されているサイトが「大手企業」や「公式サイト」ばかりだと、個人ブログじゃまず太刀打ちできないんですよね。

大手メディアは注いでいるリソース数が違いますし、ドメインパワーだってめちゃめちゃ高いです。

なので、はじめはできるだけライバルの弱いキーワードを狙う必要があります。

ライバルの強さを調べる方法

ライバルチェックを行う方法は簡単です。

自分が狙いたい(上位表示させたい)キーワードをグーグルの検索窓に打ち込んで調べるだけです。

実際にやってみます。

ここでは、「クレジットカード おすすめ」といったキーワードをライバルチェックすることにしました。

ちなみにですが、グーグルで検索する際は必ず「シークレットウィンドウ」を利用してください。

シークレットモードとは、グーグルが提供しているブラウザ「Google Chrome」(以下、Chromeと表記)の機能のことで、自分が閲覧したホームページの閲覧履歴やダウンロード履歴が残らない機能のことです。シークレットウィンドウを利用しないと、正確な検索順位が表示されないので、競合調査を行う際は必ずシークレットウィンドウを利用してください。

「クレジットカード おすすめ」の検索結果

まず注目してほしいのが、「広告枠」が非常に多いという点です。

「広告」と左上に記載されている記事は、ライバルがお金を払って表示させている記事です。

つまり、「クレジットカード おすすめ」というキーワードは、お金を払ってでも自分の記事を表示させたい「超激戦キーワード」というわけです。

また、通常の順位に関しても、上位に「価格ドットコム」が来ていることから、かなり厳しいキーワードだと判断できます。

2位以降も大手メディアやドメインパワーの高い強豪サイトばかりです。

ということで、個人ブロガーが「クレジットカード おすすめ」を狙うのはかなり無謀な行為だということがわかりましたよね。

こんな感じで競合調査をしっかりと行えば、上位表示できる可能性があるのかないのか?事前にある程度把握することができますよ。

キーワード選定のコツ

それでは個人ブロガーはどのような検索結果であれば狙っても大丈夫なのか、コツをお教えします。

それはズバリ、自分と同じようなブログが上位に来ているのか?という点に注目することですね。

もし自分と同じようなブログが上位に来ているのであれば、十分勝負してみる価値はあるでしょう。

また、「Yahoo!知恵袋」や「NAVERまとめ」などのサイトが上位に来ている場合もチャンスです。

これらの情報まとめ系のサイトはそこまでコンテンツの質が充実していません。

なので、個人ブログでもあっさり抜ける場合があります。

ぜひトライしてみてください。

まとめ

この記事では【キーワード選定の方法・やり方・コツをご紹介】をご紹介してきました。

それではまとめです。

キーワード選定は手順が大事

  1. キーワードを探す
  2. キーワードの検索ボリュームを調べる
  3. 競合調査を行う

といった流れで行う。

キーワードはツールを使えば簡単に見つけられる。(自分で予測してもOK)

検索ボリュームを調べる

ライバルの強さを調べる

基本的にはこのようなやり方になります。

キーワード選定は慣れれば誰でもできるようになります。

ぜひトライしてみてください。

それでは今回は以上です。

検索順位チェックツールGRCとは?使い方と使ってみた感想まとめ!

続きを見る

-ブログ運営

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5