お笑い

ドキュメンタルシーズン3を見た感想【メンバー,優勝者,ネタバレ】

この記事では【ドキュメンタルシーズン3を見た感想】をまとめていきます。

今回は極楽とんぼの山本が登場するなど、何かと面白そうで期待しています。

果たしてどんな内容なのでしょうか。

ドキュメンタルシーズン3を見た感想(ネタバレあり)

笑った量
下ネタの量
メンバーの充実度
総合評価

ドキュメンタルシーズン3は面白かったです!

ただ、、、

どちらかというと私はドキュメンタルシーズン2の方が好きですね。

というのも、ドキュメンタルシーズン2が面白過ぎたんですよ。

出場メンバーが何より私好みでしたし、小峠と斎藤の最後の一騎打ち対決が今でも忘れられません。

それに比べると、どうしてもシーズン3は見劣りしてしまうんですよね…。

そうは言っても「ドキュメンタルシーズ3を見る価値が全くないのか?」と言うと全くそんなことはないと思います。

ドキュメンタルシーズン3も何やかんやで面白いことに変わりはないので、ドキュメンタルを初めて見る方でも問題なく笑えると思います。

この辺は自分の好きな芸人にもよりますし、お笑いの好みにもよると思うので一概に絶対面白いとは言い切れないので難しい部分でもあります。

とは言え、下手なバラエティー番組を見るくらいならドキュメンタルシーズン3を見た方がよっぽどマシだとは思いますけどね。

春日が目立っていた(面白かった)

今回はオードリー春日の独壇場でしたね。

春日ワールドが炸裂していて、数々の芸人がやられていました。

中でも「ち〇この芸」は秀逸でした。

※ち〇この芸とは、春日のち〇こに”寿司”や”うな重”などの「小さい模型」を忍ばせておいてぬるりと出す芸のことです。

春日が体に力を入れると、忍ばせておいた模型がぬるりと出てきます。

このぬるりと出るシーンが最高に面白かったです。

ドキュメンタルシーズン3の中で私が一番印象に残ったシーンでもありますね。

まあ、文章で説明してもあまり伝わらないと思うので、気になる方はぜひぜひ見てくださいな。

絶対に笑いますよ。

今回も最後の最後まで決着は付かず…。

シーズン1、2に続き今回も最後まで決着が付きませんでした。

最後まで残ったのは「TKO木下」と「極楽とんぼ山本」の2人です。

うーん、、、

正直「今回もかー」と思ってしまいましたね。

というのも、そろそろ最後「ズバっと笑わせてスッキリ終わって欲しい!」と思っていたので。

なので非常に残念でしたね。

「最後まで決着が付かない」

というのは、ボクシングでいうところの「判定決着」みたいなものなので非常に後味が悪いです。

見ている方からしたらスカッとしません。

やっぱり視聴者は「KO決着」を期待しているはずわけですからね。

でも実際は中々そうはいかないみたいですね。

なぜなら、ドキュメンタルは賞金1000万円が掛かっているので、最後の2人まで残ったらそりゃもう意地でも笑わないからです。

あと少し笑うのを我慢ができれば、賞金1000万円手に入るわけですからね。

それと、ドキュメンタルをここまで見てきて思ったのが、「あまり売れていない芸人ほどガチ」といった印象です。

やっぱり売れている芸人の場合だと、そこまでガチにならないというより、なれないと思うんですよ。

売れている芸人はそこまでお金に困っていないわけですからね。

新ルール「ゾンビルール」がシーズン3のポイント

ドキュメンタルシーズン3では新ルールが加わりました。

その名もゾンビルール。

※ゾンビルールとは脱落者が「ゾンビ」として復活できるルールのことです。このゾンビタイム中、ゾンビは笑ってもOK。ゾンビ同士が複数人で協力して笑わせてもOKです。

つまり、芸人同士が組んでコントみたいなことをしてもいいわけですね。

ゾンビが残りの芸人を全員笑わせることができたら「ノーコンテスト」となり、参加費の100万円は払い戻されます。

このルールの追加を聞いた時、「絶対ゾンビに笑わせられるだろ」と思いました。

なぜなら、ゾンビは何してもいいわけで。

コントや漫才、何でもありです。

そう考えると、ゾンビタイム中が1番危険な時間帯といってもよいでしょう。

結果的にゾンビルールが波乱を巻き起こすことになります。

ドキュメンタルシーズン3の内容

ドキュメンタルシーズン3のメンバー

出演者キャッチフレーズ出場回数
山本圭壱(極楽とんぼ)蘇る金豚
木下隆行(TKO)本気芝居入道
ケンドーコバヤシ無冠の嘘帝王/不惑のTHEエロス
くっきー(野性爆弾)綱渡り放送コード/正真正銘最終兵器  2回目
後藤輝基(フットボールアワー) ツッコミスナイパー
伊達みきお(サンドウィッチマン)金髪ブタおしゃべり野郎
RG(レイザーラモン)進撃のあるあるシンガー/日本のアイアンハート
秋山竜次(ロバート) 千のキャラを持つ男
春日俊彰(オードリー) 奇怪なる節約魔獣
岩橋良昌(プラス・マイナス)やってはいけない症候群

ドキュメンタルシーズン3の優勝者(ネタバレ)

ドキュメンタルシーズン3の優勝者を知りたい方は↓のタグをクリックしてください。


ドキュメンタルシーズン3の優勝者は極楽とんぼの山本です!

山本は序盤にオレンジカードをもらってしまったので「かなり厳しい戦いを強いられるだろう…。」と予測しながら見ていましたが、まさかの逆転優勝です。

ドキュメンタルシーズン4に期待

ドキュメンタルシーズン3も良かったんですけど、もう少し楽しませて欲しかったので次回(ドキュメンタルシーズン4)に期待ですね。

ドキュメンタルシーズン4では、

最後の一騎打ち対決になった時、ちゃんと笑わせて決着が付くことにぜひ期待したいです。

判定での決着ではなく、KOが見たい。

というより、シーズン1~シーズン3まで一回もKO決着がない。

この辺を松本さんがどう思っているのか?がちょっと気になります。

実際に松本さんは番組内で「場がこうちゃくしてしまうのは良くない」と言っていましたからね。

私の予想ではおそらくシーズン4はまた何か新しいルールが加わるんじゃないでしょうかね。

とにかく期待しています。

ドキュメンタルシーズン3の評価

ドキュメンタルシーズン3を見た人の感想をTwitter上から拾い上げてきましたので載せておきます。

ドキュメンタルシーズン3を見た感想|まとめ

本記事では【ドキュメンタルシーズン3】を見た感想をまとめてきました。

ドキュメンタルシーズン3では、極楽とんぼの山本が登場するなど、かなり見応えのある回でした。

ただ、KO決着にはならなかったので次回に課題の残る回でもありました。

今後ドキュメンタルシリーズがあと何回続くのかはわかりませんが、次回に期待です。

では!

-お笑い

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5