お笑い

ドキュメンタルシーズン3を見た感想【出場メンバー・優勝者・ネタバレまとめ】

この記事では【ドキュメンタルシーズン3を見た感想】をまとめていきます。

今回は初登場メンバーが多く(野生爆弾のクッキー以外全員初登場)、さらには極楽とんぼの山本も登場します。

ドキュメンタルシーズン3を見た感想(ネタバレあり)

率直な感想を言うと、ドキュメンタルシーズン3は普通に面白かったです。

メンバーも非常に充実していましたし、見どころも満載だったので、最初から最後まで飽きることなくガッツリ集中して見れました。

お笑い好きならとりあえず見た方がいいのかなと思います。

笑った量
下ネタの量
メンバーの充実度
総合評価

>>ドキュメンタルシーズン3を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日無料】

ドキュメンタルシーズン3はオードリー春日が最高に面白い

中でも個人的に今回1番面白いと思ったのはオードリー春日です。

色々と見せ場が多かったのですが、中でも「ち〇この芸」は秀逸でした。

ち〇この芸とは、春日のち〇こに”寿司”や”うな重”などの「小さい模型」を忍ばせておいてぬるりと出す芸のことです。

見たことがない人からしたら「何だそれ!」なんてツッコミが入りそうなかなり下品な芸なのですが、多くの芸人がこの攻撃にやられていましたね。

そして私自身も春日で1番笑いました。

春日が体に力を入れると、忍ばせておいた模型がぬるりと出てくるんですよ(笑)

と言っても、文章ではあまり伝わらないと思うので、まだ見ていない方はぜひぜひ見てください。

>>ドキュメンタルシーズン3を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日無料】

新ルール「ゾンビルール」がドキュメンタルシーズン3のポイント

ゾンビルールの説明

ドキュメンタルシーズン3では「ゾンビルール」というルールが新たに加わりました。

※ゾンビルールとは脱落者が「ゾンビ」として復活できるルールのこと。ゾンビは笑ってもOK。ゾンビ同士が複数人で協力して笑わせてもOKです。ゾンビが残りの芸人を全て脱落させることができたら「ノーコンテスト」となり、参加費の100万円は全員に払い戻されます。

ゾンビタイムの詳細内容

ぶっちゃけ、ゾンビタイム中の方が面白いんじゃね?っていうくらい内容が充実していました。

例えば、秋山とケンコバ2人の中国マッサージネタなんかは超絶面白かったですね。

中国マッサージに行ったことがある人なら「あるある」のツボが刺激されて絶対に笑っちゃうと思います。

また、ゾンビタイムに再び春日が登場するんですよ。

グレードアップしたちんこ芸を再び繰り出し、かなり追い詰めてましたね。

とまぁ、こんな感じでゾンビタイムに登場する芸人は「笑ってはいけない」という状態から解放されているので、かなり過激な芸を堂々と繰り出せるわけです。

>>ドキュメンタルシーズン3を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日無料】

ドキュメンタルシーズン3の残念だった点…。

ドキュメンタルシーズン3で残念だったのは最後グダってしまった点です。

というのも、今回も最後まで決着が付かなったんですよね。

個人的には「そろそろKO決着が見たい」と思っていたので非常に残念でした。

「最後まで決着が付かない」

というのは、ボクシングでいうところの「判定決着」のようなものなので非常に後味が悪いと思うんですよね。

やっぱり視聴者は「KO決着」に期待しているはずわけで。

でも、、、実際はなかなかそう上手くはいかないみたいです。

ドキュメンタルの賞金は1000万円なので、最後の2人まで残ったらそりゃもう意地でも笑わないですわな。

「あと少し笑うのを我慢したら賞金1000万円獲得」

という状態がもし自分に訪れたとしたら、絶対に笑わないと思います(笑)

それと、ドキュメンタルをここまで見てきて思ったのが、「あまり売れていない芸人ほどガチ」ということ。

例えば、フットボールアワーの後藤なんかは、レギュラー番組を何本も抱えているからお金に余裕があると思うんですよね。

そうなってくるとハングリー精神がなくなるので、ちょっとしたことで笑ってしまいます。(実際に後藤はかなり弱かった)

一方、ハングリー精神が前回だったのは山本・木下あたりです。

そこまで売れていないっぽいのでかなりガチでしたね。

ドキュメンタルはお金がなければそれだけ「守備力」が高くなるので、優勝する確率もそれに連れて高くなります。

ドキュメンタルシーズン3のメンバー

ドキュメンタルシーズン3の出演者メンバー

出演者キャッチフレーズ出場回数
山本圭壱(極楽とんぼ)蘇る金豚
木下隆行(TKO)本気芝居入道
ケンドーコバヤシ無冠の嘘帝王/不惑のTHEエロス
くっきー(野性爆弾)綱渡り放送コード/正真正銘最終兵器  2回目
後藤輝基(フットボールアワー) ツッコミスナイパー
伊達みきお(サンドウィッチマン)金髪ブタおしゃべり野郎
RG(レイザーラモン)進撃のあるあるシンガー/日本のアイアンハート
秋山竜次(ロバート) 千のキャラを持つ男
春日俊彰(オードリー) 奇怪なる節約魔獣
岩橋良昌(プラス・マイナス)やってはいけない症候群

ドキュメンタルシーズン3の優勝者(ネタバレ)

ドキュメンタルシーズン3の優勝者

ドキュメンタルシーズン3の優勝者を知りたい方は↓のタグをクリックしてください。


ドキュメンタルシーズン3の優勝者は極楽とんぼの山本です!

山本は序盤でオレンジカードをもらってしまったので「かなりキツイのかな…。」と思いましたが、後半にみごと盛り返し優秀しました。

>>ドキュメンタルシーズン3を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日無料】

ドキュメンタルシーズン3を見た人の感想(世間の声)

ドキュメンタルシーズン3の感想を一部抜粋してきましたので載せておきます。

ドキュメンタルシーズン3を見た感想|まとめ



本記事では【ドキュメンタルシーズン3】を見た感想をまとめてきました。

ドキュメンタルシーズン3はメンバー内容ともに決して悪くはありませんでした。

ドキュメンタルシーズン2と比べるとやや劣る感じもしますが、とはとはいえ何やかんやで面白いのは確かです。

結局のところドキュメンタルは「自分の好きな芸人が出ているか?」という点がかなり重要だと思うんですよね。

後藤・伊達・春日あたりが好きな人にとってはかなりおすすめできる回です。

それでは今回は以上です。

-お笑い

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5