お笑い

ドキュメンタルシーズン2を見た感想!【メンバー・優勝者・ネタバレ】

ドキュメンタルシーズン1を見てすっかりハマってしまいましたので、今回はシーズン2の感想をまとめていきます。

ちなみにシーズン1は「最高」でした。

もう終始、ずーっと笑ってました。

今まで見たお笑い番組の中で「一番面白かった」と言っても過言ではありません。

松本人志さんは、何でいつもこんな面白い企画を思いつくんでしょうね。

本当に天才だと思います。

ドキュメンタルシーズン2を見た感想(ネタバレあり)

笑った量
下ネタの量
メンバーの充実度
総合評価

ドキュメンタルシーズン2も前作同様にかなり面白かったです!!!

ドキュメンタルシーズン1を見て「面白い」と感じた人は、絶対にシーズン2も見るべきです!

それでは「具体的にどの辺が面白かったのか?」ポイントをまとめていきます。

ジミー大西が最高に面白かった

ドキュメンタルメンタルシーズン2では「ジミー大西」が前回に引き続き出場しています。

ジミー大西はシーズン1でかなり笑わしていたので、その点が評価されて今回も招集されたのでしょう。

で、、、

このジミー大西ですが今回はよりパワーアップしてましたね。

特に「攻撃力」が半端なかったです。

例えば、「こんにゃくのネタ」なんかは思わず私も笑ってしまいました。

※こんにゃくネタとは、ジミー大西がTバックを履いて股間の部分に謎のこんにゃくを巻いて登場するシーンのことです。

このこんにゃくネタがどう面白いのか、言葉では上手く説明することができませんが、とにかく面白いとしか言いようがないです。

気になる方はぜひ実際に見てください。

高確率であなたも笑うことになるでしょう。

いや〜ジミー大西って本当に天才ですね。

一体どこからあの発想が来るのやら。

ジョイマン高木のシール

ドキュメンタルシーズン2ではやたら「ジョイマン高木のシール」が出てきます。

このジョイマン高木のシールが「笑」をかなり誘発していました

というもの、シールなので、おでこに貼ったり、お尻に貼ったり、色々と使い道があるんですよね。

私はそこまでツボに入りませんでしたが、このジョイマン高木のシールがシーズン2ではポイントになってきます。

小峠と斎藤の激闘

ドキュメンタルシーズン2の最大の見どころは、何と言っても小峠と斎藤の対決でしょう。

この対決は本当に凄まじかったです。

追い込まれた芸人の底力を目の当たりにしましたね。

最後は2人とも「ほぼ全裸の状態」で笑わせ合うっていう。

2人とも面白かったのですが、個人的には小峠の方に笑わされましたね

卵を頭から被ったり、大声で叫んだり、ぬいぐるみとセッ◯スしたり。

本当にやりたい放題。

小峠の「絶対に優勝してやる!」という気迫が伝わってきました。

一方、斎藤はちょっと勢いが無かったので残念でした。

というのも、斎藤は、序盤は全然面白くなかったんです。

斎藤がはじめからエンジン全開で飛ばしていたら結果は変わっていたかもしれません。

ドキュメンタルシーズン2の作品内容

ドキュメンタルシーズン2の出場メンバー

  • ジミー大西 2回目
  • 藤本敏史(FUJIWARA) 2回目
  • 宮川大輔 なし 2回目
  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 小峠英二(バイきんぐ)
  • 大島美幸(森三中)
  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 津田篤宏(ダイアン)
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)

ドキュメンタルシーズン2で加わった新ルール

賞金が900万円→1000万円へ増額された

ドキュメンタル2から賞金が正式に1000万円になりました。

というのも、シーズン1は優勝しても貰える金額は900万円だったんですよね。

シーズン2からは歯切れが悪いということで、松本さんが自ら100万円を出したことにより、きりよく賞金1,000万円となりました。

優勝者には、番組が用意したピン札で1000万円支払われます。

ポイント制が導入された

「ポイント制」というのは、1人笑わせれば1ポイント獲得できるシステムです。

このポイント制を導入することによって「笑わないようにしていれば勝ててしまう」といった自体を防ぐことができます。

なので、シーズン2からは、自ら積極的に笑わせに行かなければ優勝することができなくなりました。

最後にもし2人残った場合は、獲得したポイントが多い方が優勝ということになります。

小道具が用意される

今回から、部屋の中にありとあらゆる小道具(小窓・洗濯バサミ・人形・ピコピコハンマー)が用意されています。

この小道具を使って笑わせてもOKです。

ドキュメンタルシーズン2の優勝者(ネタバレ)

ドキュメンタルシーズン2の優勝者を知りたい方は↓のタグをクリックしてください。


ドキュメンタルシーズン2の優勝者は小峠です!

最後、小峠と斎藤の2人の一騎打ち対決になりましたが、制限時間内に決着が付かず、ポイントでリードしていた小峠が見事ドキュメンタルメンタル初代優勝者となりました!

ドキュメンタルシーズン2の評価

ドキュメンタルシーズン2を見た感想|まとめ

本記事では【ドキュメンタルシーズン2を見た感想】をご紹介してきました。

最後にちょっとしたおすすめの「ドキュメンタルを楽しむ方法」をご紹介して終わろうと思います。

その方法とは自分も参戦する」という方法です。

ドキュメンタルを見る場合、自分も「笑うのを堪える」という縛りを付ければ緊張感が生まれ面白くなります。

自分が出場メンバーを笑わせること(攻撃)はできませんが、笑わない(防御)ようにすることは同じようにできますからね。

つまり、同じ土俵で戦っている感覚を味わえるということです。

その他にも、

「誰が優勝するのか友達と何かを賭けて見る」

「自分ならどうやって笑わせるか?ということを考えながら見る」

など、色々と楽しみ方はあります。

ドキュメンタルをただのドキュメントとして見るか、お笑い番組として見るか、色々な楽しみ方があるのでぜひ参考にしてください♪

-お笑い

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5