お笑い

ドキュメンタルシーズン2を見た感想まとめ【メンバー・優勝者・ネタバレあり】

ドキュメンタルシーズン1がめちゃめちゃ面白かったので、引き続きシーズン2も見みました。

この記事では、ドキュメンタルシーズン2を見た感想をまとめていきます。

優勝者はこっそり載せています。知りたい方だけが分かるようになっているのでご安心ください。

ドキュメンタルシーズン2を見た感想(ネタバレあり)

結論から言うと、ドキュメンタルシーズン2は最高に面白い回でした。

ドキュメンタルシーズン1を見て「面白い」と思った人は、ぜひシーズン2も見てください。

ジミー大西が大暴れしたり、小峠・斎藤の激闘があったりと、なにかと見どころの多い回となっています。

個人的には、歴代ドキュメンタルシリーズの中で最もシーズン2が気に入りましたね。

出演メンバーのバランスも良く、最初から最後まで楽しめました!

ドキュメンタルシーズン2の評価
笑った量
下ネタの量
メンバーの充実度
総合評価

>>ドキュメンタルシーズン2を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日間無料】

ジミー大西が最高に面白かった


いや〜ジミー大西って本当に天才ですね。一体どこからあの発想が来るのやら…。

ジミー大西はドキュメンタルシーズン1でかなり笑わせていたので、今回も引き続き招集されています。

で、、、

このジミー大西なんですけど、今回はさらにパワーアップして帰ってきます。

例えば「こんにゃくのネタ」なんか最高でした。

これ見て笑わない人いるの?ってくらい面白いです。

※こんにゃくネタとは、ジミー大西がTバックを履いて股間の部分に謎のこんにゃくを巻いて登場するシーンのこと。

ドキュメンタルシーズン2の爆笑シーン

ジミー大西のこんにゃくネタ (ドキュメンタルシーズン2)

このこんにゃくネタがどう面白いのか、言葉で上手く説明することはできません。

ただ、ただ、ジミー大西の発想にやられました。

>>ドキュメンタルシーズン2を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日間無料】

ジョイマン高木のシール

ドキュメンタルシーズン2ではやたら「ジョイマン高木のシール」が出てくるのですが、このジョイマン高木のシールが「笑」を誘発することに。

というのも、シールなのでおでこに貼ったり、お尻に貼ったりと色々使い道があるんですよね。

私はそこまでツボに入りませんでしたが、このジョイマン高木のシールがシーズン2ではポイントとなってきます。

ちなみに、ジョイマン高木はドキュメンタルシーズン2のDVD発売記念になぜか呼ばれています (出場していないのに…笑)

小峠と斎藤の激闘

ドキュメンタルシーズンの最大の見どころは、何と言っても小峠と斎藤の対決でしょう。

この対決は本当に凄まじかったです。

追い込まれた芸人の"底力"を目の当たりにしましたね。

最後は2人とも「ほぼ全裸の状態」で笑わせ合うという。

裸の状態で卵を頭から被ったり、大声で叫んだり、ぬいぐるみとセッ◯スしたり(笑)

中でも小峠は最初から最後まで1番体を張ってましたね。手数も多く気迫が伝わってきました。

一方、斎藤に関しては序盤あまり勢いがなかったのが残念でしたね。

初めからフルスロットルで戦っていたら、もう少し違う形になっていたかも。

>>ドキュメンタルシーズン2を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日間無料】

ドキュメンタルシーズン2のメンバー

ドキュメンタルシーズン2のメンバー

ドキュメンタルシーズン2の出場メンバー

  • ジミー大西 2回目
  • 藤本敏史(FUJIWARA) 2回目
  • 宮川大輔 なし 2回目
  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 小峠英二(バイきんぐ)
  • 大島美幸(森三中)
  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 津田篤宏(ダイアン)
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)

ドキュメンタルシーズン2で加わった新ルール

ドキュメンタルシーズン2の新ルール

ドキュメンタルシーズン2から新たなルールが追加されています。

優勝賞金が900万円から1,000万円に変更

ドキュメンタル2から優勝賞金が正式に1000万円となりました。

というのも、シーズン1の優勝賞金は900万円だったんですよね。 (自分も参加費として100万円払っているので、純増金額は900万円。)

これだと「歯切れが悪い」ということで、松本さんが自ら100万円を出し、優勝賞金が1,000万円に増額されています。

ポイント制が導入された

「ポイント制」というのは、1人笑わせれば1ポイント獲得できるシステムです。

このポイント制を導入することで「笑わないようにしていれば勝ててしまう」といった自体を未然に防ぐことができます。

なのでシーズン2からは、自ら積極的に笑わせに行かなければ優勝できません。

制限時間内に勝負が付かなかった場合は、その時点での獲得ポイントが多い方が優勝者となります。

小道具が使えるようになった

今回から、部屋の中に小道具(小窓・洗濯バサミ・人形・ピコピコハンマー)が用意されています。

この小道具を使って笑わせることも可能になりました。

ドキュメンタルシーズン2の優勝者(ネタバレ)

ドキュメンタルシーズン2の優勝

ドキュメンタルシーズン2の優勝者を知りたい方は↓のタグをクリックしてください。


ドキュメンタルシーズン2の優勝者は小峠です!

今回も制限時間内に決着は付きませんでしたが、小峠はポイントでリードしていたので、初代ドキュメンタル優勝者となりました。

>>ドキュメンタルシーズン2を今すぐ見る【Amazonプライムビデオ30日間無料】

ドキュメンタルシーズン2の評価

ドキュメンタルをより楽しむ方法

ドキュメンタルの楽しみ方

最後にちょっとしたおすすめの「ドキュメンタルを楽しむ方法」をご紹介して終わります。

その方法とは自分も参戦する」という方法です。

ドキュメンタルを見る場合、自分も「笑うのを堪える」という縛りを付けると緊張感が生まれより面白く見れます。

実際に私も試してみましたが、マジでおすすめですね。

自分が出場メンバーを笑わせること(攻撃)はできませんが、笑わない(防御)ようにすることは同じようにできますので。

その他にも、

「誰が優勝するのか友達と何かを賭けながら見る」

「自分ならどうやって笑わせるか?ということを考えながら見る」

などなど、ドキュメンタルを楽しむ方法はさまざまです(^ ^)

ぜひ試してみてください!それではまた!

-お笑い

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5