鬼滅の刃

鬼滅の刃最終回ネタバレ感想まとめ【ひどい終わり方ではなかった】

大人気漫画「鬼滅の刃」は、2020年5月18日に発売された少年ジャンプ第24号で完結を迎えました。

まさか本当に終わるとは思っていなかったのでビックリ…。

絶賛大ヒット中の漫画であるにも関わらず、潔く完結させた吾峠呼世晴さんは本当にすごいお方です。

今回は【鬼滅の刃の最終回を読んだ感想】をまとめていきます。

※本記事はネタバレ含みの記事なのでご了承ください。

\最短1分で登録完了/
電子書籍

鬼滅の刃最終回(最終話)を読んだ感想(ネタバレあり)

最終回を読んだ率直な感想としては、半分ガッカリ、半分感動といった感じでしたね。

「終わってしまって寂しい」という思いと「ハッピーエンドで終わって良かった!吾峠呼さんお疲れ様でした!」という2つの思いが込み上げてきました。

どんな終わり方であれ、私は鬼滅の刃が大好きなので否定はしませんが、何とも言えない複雑な気持ちになったのは確かです。

鬼滅の刃最終回の内容をざっとまとめると、

  • 死亡したキャラクターが輪廻転生して再び登場する
  • 各キャラクターが幸せそうに暮らしている姿が描かれている

といった内容でしたが、なぜ吾峠さんは最終回をこのような内容にしたのか。

それはおそらく、吾峠さん的に少なからず後ろめたさがあったからだと思います。

というのも、鬼滅の刃はいくらなんでも登場キャラクターが死に過ぎなんですよね(笑)

ドラゴンボールほどのバトル漫画でもこんなに死亡するのは珍しいです。

だから、最後に登場キャラクターの「幸せな結末」を読者に見せておきたかったんでしょう。

本来であれば、鬼滅の刃第204話で完結していたはずです。

にも関わらず、第205話で現代の様子を見せてくれたのは、吾峠さんの粋な計らいですよね。

まぁ、なにはともあれ、私としては悲鳴嶼さん、おばみつ、無一郎、玄弥、などの姿を再び見ることができて素直に嬉しかったです。

鬼がいた時代では報われなかったキャラクター。

そんなキャラクターが各々鬼のいない現代で幸せそうに過ごしていた。

そんな姿を見て、思わずグッときちゃいました。

なお、鬼滅の刃第205話「幾星霜を煌めく命」の内容は↓↓の記事でも詳しくまとめています。

【鬼滅の刃完結】輪廻転生・子孫を残したキャラ…。それぞれの想いを胸に、感動をありがとう。

続きを見る

電子書籍

終わってしまったのは残念で仕方ない

とはいえ、鬼滅の刃が終わってしまったのは驚きましたし非常に残念でした。

個人的には第205話で終わるとは思ってなかったので。

なぜ?!

もう少し伸ばせたでしょ?!

と思ってしまいました。

うーん、、、

鬼滅の刃第16巻から始まった「鬼舞辻無惨とのラストバトル」はもう少し引っ張れたんじゃないかな。

また、無限城での「柱vs上弦の鬼」も引っ張れたはず…。

たとえば、胡蝶しのぶvs童磨は決着付くの早すぎでしたよね。

胡蝶しのぶが負けてしまったのは、あれはあれで計算だったので仕方ない部分もありますが、とはいえもう少しやりようがあったと思うんです。

その他にも、善逸vs獪岳ももう一展開欲しかったですね。

とにかく言いたいこと、、、

鬼滅の刃はバトルシーンが淡白すぎ!

バトルシーンのクオリティが高ければ、過去最高の漫画になったのに非常にもったいない。

鬼舞辻無惨との戦いがはじまってからは、なんか全体的に急いでラストに向かっている感じがしちゃいましたね。

ワンピース並みに引っ張れとは言いませんが、「もう少し炭治郎達や柱が戦っているカッコイイ姿を見ていたかった」というのが正直なところです。

ただ、これはあくまで私の意見であり、決定するのはあくまで吾峠さんなので仕方ありません。

吾峠さん的には短く潔くスパッと終える決断をしたわけで。

昨今の漫画は、無駄に引っ張ることが多いので、鬼滅の刃はそういう意味では本当にすごいと思いますね。

続ければ続けるだけお金を稼げのにそれはしなかった。

この点に美学を感じました。

きっとジャンプ編集者の方々は全力で吾峠さんに「もっと引き延ばしてください」と頭を下げていたはずですよね。

それでも吾峠さんが首を縦に降ることはなかった。

私が思うに吾峠呼先生は色々と疲れが溜まってたんだと思うんですよ。

コミック漫画内のコメントでもそんな雰囲気を醸しだしてましたよね。

ゆっくり休んで欲しいです。

鬼滅の刃の「最終回はひどい」という意見が多かった

鬼滅の刃最終回の世間の評価はいかがなものでしょう。

まずは「ひどい」という感想からご紹介です。

もちろん、良かったという意見もたくさんあった

お次は「良かった」という感想です。

鬼滅の刃最終回は漫画の何巻(何話)で読める?

鬼滅の刃の最終回「第205話(幾星霜を煌めく命)」は、コミック漫画の第23巻もしくは少年週刊ジャンプ202024号で読めます。

鬼滅の刃コミック漫画の発売予定日

  • 鬼滅の刃22巻:2020/10/02
  • 鬼滅の刃23巻:2020/12/04

ちなみにですが、

「まだコミック漫画を途中までしか読んでいない」

という方は4冊までなら無料で入手する裏技があるのでぜひ「鬼滅の刃の電子書籍(漫画)はどこが安い?最安値で読む方法まとめ!【無料で読む方法・全巻まとめ買い】」を参考にしてください。

関連記事
鬼滅の刃の電子書籍(漫画)はどこが安い?最安値で読む方法まとめ!【無料で読む方法・全巻まとめ買い】

続きを見る

電子書籍

鬼滅の刃最終回(最終話)を読んだ感想・ネタバレ|まとめ

本記事では【鬼滅の刃最終回を読んだ感想】をご紹介してきました。

鬼滅の刃は完結しましたが、2020年の10月16日に「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」(配給:東宝・アニプレックス)が公開されます。

それに伴い、鬼滅の刃のスピンオフ作品「煉獄外伝」も少年週刊ジャンプでの連載が決まっています。

アニメの第二期も放送されるはずなので、まだまだ鬼滅の刃ブームは続きそうですね!

そして、個人的には吾峠呼世晴さんの次回作が気になって仕方ありません。

願望としては、ジョジョ方式で新たな続編を期待しています(^^)

人気記事鬼滅の刃の「電子書籍(漫画)」をお得に購入する方法|無料で4冊GETする方法も合わせてご紹介!

人気記事鬼滅の刃の「アニメ」を全話お得に無料視聴する方法・手順を解説!

電子書籍

-鬼滅の刃

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5