お笑い

ドキュメンタルシーズン4の動画を見た感想【メンバー・優勝者・ネタバレ】

この記事では【ドキュメンタルシーズン4を見た感想】をまとめていきます。

いや~今回はかなりの波乱でした。

内容が本当にすさまじかったですよ…。

終始爆笑していましたね。

それでは感想をまとめていきます。

ドキュメンタルシーズン4を見た感想(ネタバレあり)

笑った量
下ネタの量
メンバーの充実度
総合評価

ドキュメンタルシーズン4は最高に面白かったです。

見る価値ありです!

前回のシーズン3はイマイチでしたが、今回かなり盛り返した感じがしますね。

というのも、今回は本当に何でもありのゲリラ戦だったんですよ。

「何をしてでも笑いを取ってやる!」

という芸人の底力、気迫が伝わってきました。

宮迫・井戸田・ノブの3人が禁断の領域に入る

今回は下ネタが多かったのですが、中でも宮迫・井戸田・ノブ(千鳥)の3人が暴れ回っていました。

宮迫に至っては、エロ本を見て勃起したち〇こをメンバーに見せ付けるなど(笑)

そして、井戸田とノブは「おしっこをする」という離れ技を繰り出しました。

こんな映像「地上波」だったら絶対に見れないから痺れましたね。

「下ネタが嫌ではない」

という人にとってシーズン4はかなり笑える回だと言えます。

逆に、「下ネタ無理!」って人は不快感しか感じないでしょう(笑)

ともあれ、こんなに下ネタが飛び交う番組は初めてだったのでとても驚きました。

私もこれまで長いことバラエティー番組を見てきましたが「人を笑わせるためにここまでするのかと」感心させられましたね。

残り1時間で7人残る異例の事態

今回はなかなか脱落者が出ない回でした。

普通に面白かったと思うんですけど、なぜか笑う人がそこまで多くなかったですね。

なぜこのような事態になったのかというと、おそらく4回目ということもあるので皆「防御力」が上がったんだと思います。

はじめてドキュメンタルに参加する芸人は、既に出場したことのある芸人がどういう攻撃を仕掛けてくるのか研究できているわけで。

だから、ここまで膠着してしまったのではないか?というのが私の考えです。

やはり、芸人達も1000万円掛かっているので簡単に笑うわけにはいかないですよねそりゃあ。

クッキー・フジモンは3回目の登場なので、参加費300万も払っているわけで(笑)

ドキュメンタルシーズン4の内容

ドキュメンタルシーズン4のメンバー

出演者キャッチフレーズ出場回数
宮迫博之(雨上がり決死隊) 決死のオフホワイト芸人
藤本敏史(FUJIWARA)ガヤ永久機関3回目
飯尾和樹(ずん)  関根流正統継承者
くっきー(野性爆弾) 芸人殺し芸人3回目
井戸田潤(スピードワゴン)同情するなら笑いくれ
黒沢かずこ(森三中)歌って踊れる肉塊
大悟(千鳥) 荒くれハニカミ坊主
ノブ(千鳥)ツッコミ界のクセ強者
西澤裕介(ダイアン)不可思議ポーカーフェイス
クロちゃん(安田大サーカス)ドッキリ日本記録保持者

ドキュメンタルシーズン4の優勝者

ドキュメンタルシーズン4の優勝者を知りたい方は↓のタグをクリックしてください。


ドキュメンタルシーズン4の優勝者は野生爆弾のクッキーです!クッキーは3回目の出場なので、今回はかなりガチで優勝を狙っていました。

クッキーは攻撃(ボケ)の手数が多く、序盤から終盤までコツコツ笑わせていました。

その結果、最後4人残りましたが、見事ポイントの差で初優勝にかがやきました!

ドキュメンタルシーズン4を見た世間の声


Twitter上からドキュメンタルシーズン4の感想を拾ってきました。

お世辞抜きで、ドキュメンタルシーズン4はかなり評判の良い声が多かったです。

ドキュメンタルシーズン4は下ネタだらけだったので、ぶっちゃけひどい声が多いのかな?と思いましたが意外とそんなことありませんでしたね(笑)

ドキュメンタルシーズン4を見た感想|まとめ

本記事では【ドキュメンタルシーズン4を見た感想】をご紹介してきました。

それではまとめです。

ドキュメンタルシーズン4は下ネタだらけのゲリラ戦なので、下ネタに抵抗のある方は見ない方がいいです。

しかし、「下ネタでもなんでもいい!とにかく笑わせて欲しい!」という方には非常におすすめな回ですね。

出ているメンバーも私は好きでしたし、テレビでは絶対に見ることのできないシーンが数多く登場したので見て良かったと感じています!

-お笑い

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5