お笑い

ドキュメンタルシーズン6の動画を見た感想【優勝者・メンバー・ネタバレ】

この記事では【ドキュメンタルシーズン6を見た感想】をまとめていきます。

今回のメンバーは女性芸人で固められた異例の回。

一体どんな結末が待ち受けているのでしょうか。

※ネタバレ含みの記事なのでご注意ください。

ドキュメンタルシーズン6を見た感想

笑った量
下ネタの量
メンバーの充実度
総合評価

率直な感想としては、ちょっともの足りなさを感じてしまった回でしたね。

なぜなら、やはり私の中で芸人と言えば男なんですよ。

なのでまあ致し方ない結果です。

とはいえ友近とゆりやんの2人には普通に笑わせられました。

この2人は女性芸人の中でも芸が立つので、コントを見ているようで終始、楽しませてくれましたね。

メンバー構成に驚いた

繰り返しになりますが、ドキュメンタルシーズン6はまさかの女子4人(友近・黒沢・ゆりやん・春菜)というメンバー構成。

おそらく松本さんは、マンネリ化してきたので「そろそろ変わったことがしたい」と思ったのでしょうね。

実際に全シーズン見てきた私も「ちょっと飽きてきたなー」と思っていたので、この試みはある意味正解だったのかもしれません。

イレギュラーな回でこれはこれで楽しめたので良かったです。

ユリアン・友近・春奈のトリオ芸が面白かった

女性芸人同士のコントが目立ちました。

中でもゆりやんがやばかったです。

特に乳首が見えてしまうシーンはかなり驚きました。(モザイクがかかっていましたが)

「ドキュメンタルは下ネタが多い」

と言われていますが「さすがに女性芸人は見せてこないだろう」と思っていたのでビックリです。

それと、ゆりやんは友近とのコンビ芸を繰り広げていました。

友近の歌声に合わせてゆりやんが動きを合わせていくという。

ちなみにゆりやんに1番やられたのは陣内です。

陣内はいつも集中攻撃の対象となってしまうのでちょっと可哀想でしたね(笑)

前回もかまいたちの山内に陣内は狙われていましたので。

友近を中心として団体芸、友近自信が凄かった

友近はゆりやん以外にも春奈・黒沢をコントロールしながら巧みに戦っていました。

また、友近は自身も数々の攻撃を繰り出し、私を笑わせてくれました。

中でも、最も印象に残ったシーンは関暁夫のモノマネですね。

私はやりすぎ都市伝説が大好きなので、関の雰囲気とか特徴は良くしっているので、思わず笑ってしまいました。

話し方とか、使うワードとか本当そっくりでした(笑)

それと何と言ってもラストの前田との絡みはやばかったです。

友近が前田のち〇こを弄びという芸。

もうAVでしたね。

地上波じゃ絶対見れませんよ(笑)

ドキュメンタルシーズン6の概要

ドキュメンタルシーズン6のメンバー

出演者キャッチフレーズ出場回数
村上ジョージ昭和ギャグ怪人
ジミー大西超天然系核融合4回目
藤本敏史(FUJIWARA)ガヤ永久機関4回目
陣内智則ミスター隠れ天然2回目
黒沢かずこ(森三中)歌って踊れる肉塊2回目
大悟(千鳥)荒くれハニカミ坊主2回目
友近変幻自在の憑依女王
近藤春菜(ハリセンボン)返し技ファンタジスタ
真栄田賢(スリムクラブ)ハスキーボイスミュータント
ゆりやんレトリィバァぶっこみバイリンガール

ドキュメンタルシーズン6の優勝者

ドキュメンタルシーズン6の優勝者を知りたい方は↓のタグをクリックしてください。


ドキュメンタルシーズン6の優勝者はゆりやんレトリィバァです!!今回、残り1時間を切った段階で5人残っているという異例の事態。

そんな中、1回も笑っていなかったのはゆりやん・黒沢・春奈の3人。

しかし、ゆりやんはポイントで他の2人を大きく上回っていたのでゆりあんの優勝となりました。

ゆりやんは一番体も張っていましたし、攻撃・防御ともに安定感抜群でした。

ドキュメンタルシーズン6の評価

ドキュメンタルシーズン6を見た感想|まとめ

本記事では【ドキュメンタルシーズン6を見た感想】をご紹介してきました。

ドキュメンタルシーズン6は女性芸人が4人登場するちょっぴりイレギュラーな回なので、「いつものドキュメンタルを楽しみたい」という方にはおすすめできませんが、女性芸人が好きな方は絶対に見た方がいい回です。

特に、友近とゆりやんの2人は圧巻の面白さです。

体を張っていましたし、何かと笑わせてくれます。

それでは今回は以上となります。

では!

-お笑い

© 2020 Misty Blog Powered by AFFINGER5