鬼滅の刃

【超泣ける】鬼滅の刃の悲しいシーンベスト5を発表|映画の感動シーンも合わせて紹介

鬼滅の刃と言えばズバリ「悲しいシーンですよね。

感動して泣きまくり、涙腺が崩壊した方も多いのではないでしょうか。

この記事では鬼滅の刃の「悲しいシーンランキングベスト5を発表していきます!

映画の感動シーンも合わせてご紹介していくので、ぜひお楽しみください。

お得情報
人気漫画の表紙
【マル秘裏ワザ】漫画(電子書籍)を無料で9冊手に入れる方法とは?【人気漫画・新作漫画も無料】

続きを見る

>>【マル秘裏技】漫画を9冊無料で手に入れる方法はこちら

【鬼滅の刃】悲しいシーンランキングベスト5

第5位:黒死牟(こくしぼう)の最期

黒死牟が消えてなくなるシーン

鬼滅の刃第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」/ 吾峠呼世晴

第5位は上弦の壱・黒死牟の「最後のシーン」です。

憧れの存在でもある弟「継国縁壱(つぎくによりいち)」を超えたかった黒死牟は、鬼舞辻無惨に鬼にしてもらい、剣技を極めようとします。

鬼舞辻無惨

しかし、それでも縁壱には敵わず。

黒死牟は無限城にて、不死川実弥・悲鳴嶼行冥の2人に首を斬られ敗北します。

黒死牟は不屈の精神力で首を再生しますが、その姿は本来の姿とは大きくかけ離れた醜い姿。

鬼滅の刃第1765話「侍」/ 吾峠 呼世晴

首を再生することができたので再び戦おうとしますが、不死川実弥の日輪刀に映った自分の姿を見て「何だこの醜い姿は。侍の姿か?これが。これが俺の本当の望みだったのか?」と思い、戦意を損失してしまいます…。

おそらくですが、黒死牟はこのまま戦い続ける事もできたと思うんですよね。

でも、それはしなかった。

なぜなら、黒死牟は鬼になってからも侍としてのプライドは捨てていなかったから。

そんな黒死牟が最後に、

「私は一体何のために生まれて来たのだ…。教えてくれ縁壱…。」

と言い残し、消えて行く姿は非常に切なく悲しかったです。

関連
上弦の壱・黒死牟のアイキャッチ画像
【鬼滅の刃】上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」の過去について解説【継国縁壱との関係性・強さ・性格】

続きを見る

第4位:猗窩座の回想シーン

鬼滅の刃第154話「懐古強襲」/ 吾峠 呼世晴

第4位は上弦の参「猗窩座(あかざ)」の回想シーン。

猗窩座は炭治郎に首を斬られましたが、そこから不屈の精神力で再生を試みます。

ここで本編では猗窩座の「回想シーン」に入ります。

この、、、回想シーンがめちゃめちゃやばくて泣けました。

その内容とは、

  • 病気で苦しんでいる父親に飲ませる薬を買うため、致し方なく略奪を繰り返していた過去
  • 自分を育ててくれた師範・婚約者(小雪)が毒殺された過去
  • 鬼舞辻無惨に鬼にされてしまったこと

といったもの。

猗窩座にこんな悲しすぎる過去がにあっただなんて、私を含め誰も分からなかったのではないでしょうか。

煉獄さんを死亡させた憎き鬼だというのに、私は同情してしまいました…。

猗窩座は無惨に鬼にされましたが、とはいえこれは黒死牟のように自ら選んだ事ではありません。

半ば強制的に鬼にさせられたわけで。

個人的に1番悲しいと思ったエピソードは、小雪さんと自分を育ててくれた師範が殺されてしまった話ですね。

猗窩座はきっとこの事件がなければ、おそらく真っ当な人間として幸せな人生を歩んでいたはずですなんですよ。

最後、婚約者の小雪さんの腕の中で消えていく猗窩座の目がとても悲しそうで印象的でした。

第3位:甘露寺蜜璃と伊黒小芭内の再期

おばみつ

鬼滅の刃第200話「勝利の代償」/ 吾峠 呼世晴

第3位は、鬼舞辻無惨との戦いが終わって「甘露寺蜜璃と伊黒小芭内が最後の会話を交わすシーン」です。

無惨との激闘が終わったあと、伊黒小芭内は甘露寺蜜璃に"自らの想い"を打ち明けます。

甘露寺も「私も伊黒さんが好き」と想いに応えます。

そして甘露寺は最後、残された僅かな気力を振り絞りプロポーズします。

伊黒の答えはもちろんOK。

甘露寺蜜璃は「結婚して幸せなお嫁さんになる」という自身の夢をみごと叶えました。

2人は無惨から受けたダメージがかなり深刻だったため死亡してしまいましたが、来世必ず結ばれることでしょう。

どこかホワホワしましたが、同時に悲しいシーンでもありましたね。

追記:鬼滅の刃最終回で輪廻転生した甘露寺蜜璃と伊黒小芭内が描かれています。2人は定食屋を営む仲良し夫婦として幸せそうに暮らしていました。

関連記事:鬼滅の刃の最終回ネタバレ感想まとめ【ひどい終わり方だった?】【輪廻転生・生まれ変わりキャラ考察】

第2位:時透無一郎の死亡がほぼ確定したシーン

時透無一郎が真っ二つ

鬼滅の刃第175話「後生畏るべし」/ 吾峠 呼世晴

第2位は「時透無一郎が黒死牟の全体攻撃をもろに受けたシーン」です。

重傷を負いながらそれでも戦い続ける無一郎。

そんな中、黒死牟は不死川玄弥の攻撃(血気術)により身動きが取れなくなります。

この時、無一郎は意を決し黒死牟の懐に飛び込むことに…。

そして日輪刀を突き刺し、ダメージを与えることにみごと成功。

このまま勝負あったか?!と思いましたがそうはいかず…。

黒死牟は最後の気力を振り絞り、全体攻撃を放ちます。

この全体攻撃が無一郎にクリーンヒット…。

実弥と悲鳴さんは何とか回避。

悲鳴嶼行冥と不死川実弥

玄弥はもろに食らってしまいます…。

不死川実弥

この瞬間、無一郎ファンの間で悲鳴が鳴り響いたことでしょう。

もちろん私も叫びました。

体が真っ二つになってしまったので、つまり無一郎の死亡がほぼ確定したわけで…。玄弥も。

私は無一郎の過去を知った辺りから (無一郎の「無」が「無限の無」の話)、めちゃめちゃ推してたんですよね。

だからこの瞬間はめっちゃ悲しかったですわ。

あー終わったと…。

無一郎はその後も戦い続けるんですけど、正直、辛すぎて見てられなかった…。

それと同時に「これで無一郎の戦闘シーンを見れるのも最後か。」と悲しが込み上げてきました。

このシーンは決して感動するようなシーンではありませんが「超絶泣けるシーン」であることに間違いはないでしょう。

関連記事:時透無一郎が死亡?!シーン理由を振り返る!

時透無一郎死亡のアイキャッチ画像
【悲報】時透無一郎が死亡!黒死牟に真っ二にされた最後のシーンを振り返る!

続きを見る

第1位:煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)と炭治郎が最後の会話を交わすシーン

煉獄杏寿郎の最後

鬼滅の刃第86話「黎明に散る」/ 吾峠 呼世晴

さて、いよいよ1位です!

鬼滅の刃で私が1番悲しいと思ったのは「煉獄さんが炭治郎達と最後の会話を交わすシーン」です。

このシーンは本当に何回見ても泣いてしまいます…。

煉獄さんはめっちゃダメージを受けているのに、涼しい顔しながら炭治郎達に自信の思いを託すんですよね。(あばら骨も折れてますし、右目は失明、内臓も切られています。)

「今度は君たちが鬼殺隊を支える柱になるのだ」と。

そして、否定していた「禰豆子(ねずこ)」のことも認めてくれます。

そして煉獄さんが最後に残した言葉…。

「胸を張って生きろ」

ここで伊之助が泣いているのもまたヤバイ。

煉獄さんは「誰1人死亡させない」という責務を最後まで全うしました。

この煉獄さんの活躍が無ければ、炭治郎達は生き残れなかったでしょうし、後の「無惨撃破」にも繋がっていないでしょう。

鬼滅の刃の作者「吾峠呼世晴」さんが1番伝えたいことは「想いは永遠」ということだと思います。

このシーンには、煉獄さんの熱い想いが色濃く描かれていましたよね。

炭治郎達にもしっかりと伝わっていて、非常に感動的でした。

関連記事:煉獄杏寿郎の死亡シーンは漫画の何巻で読める?【どの鬼に殺されたのか解説】

関連記事:煉獄杏寿郎はなぜかっこいいのか。名言・名シーンまとめ!【鬼滅の刃・炎柱】

鬼滅の刃「映画」の泣ける感動シーン

ここからは鬼滅の刃の映画から感動シーンをご紹介していきます。

※煉獄さんの最後のシーンは先ほどご紹介したので省いています。

炭治郎が見た夢

魘夢(えんむ)の血気術により眠らされた炭治郎は、家族と幸せに過ごす夢を見ます。

しかし、炭治郎は夢だと気付いたためその場から立ち去ることに。

鬼滅の刃第57話「刀を持て」/ 吾峠 呼世晴

家族の引き止めを振り切り、強引に走り出しますが、ここで人間だった頃の禰豆子が登場するんですよね。

この時の"炭治郎の心の声"がやばいんですよ。

「本当ならずっとこうして暮らしていたはずなんだ…」

「禰豆子も日の光の中で、青空の下で…」

このシーンは漫画だとそこまで感動しなかったんですけど、映画だとめちゃめちゃ良かったですね。

家族を思う炭治郎の優しさに私は泣きました。

また、竃炭治郎の歌も流れるので余計に感動しちゃいます。

煉獄さんの鎹鴉(かすがいがらす)が泣いていたシーン

煉獄さんが死亡した時、映画だと煉獄さんの鎹鴉も泣いてるんですよね。

お気付きになりましたか?

このシーンは漫画にはない「映画でしか見れない」貴重なシーンです。

煉獄さんの鎹鴉は誰よりも煉獄さんの近くにいたはず。

だから、本来なら鎹鴉が一番悲しかったと思うんですよ。

ひっそりと涙を流しながら、死亡の伝達をするために飛び立つ鎹鴉。

この最後のシーンは本当に感動的でした。

エンドロールでLiSAの炎が流れた瞬間

LiSA-炎

煉獄さんの鎹鴉が柱たちに死亡を伝達して、映画は幕を閉じます。

そしてエンディングに突入するのですが、LiSAの炎が流れた時、泣けましたねー。

炎は歌詞がやばいですよね。

「心に炎を灯して」とか「前だけ向いて走るから」あたり。

炭治郎の煉獄さんに対する想いが書かれていて本当に感動的です。

炎を聴く度に、映画の映像と歌が重なり私は涙が止まりません。

途中で煉獄さんの絵が流れるのもまた良かったですよね。

関連記事:【号泣】鬼滅の刃の映画「無限列車編」を観た感想まとめ【ネタバレあり】

鬼滅の刃の悲しいシーンベスト5|まとめ

本記事では「鬼滅の刃悲しいシーンベスト5」をご紹介してきました。

  • 1位:煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)と炭治郎が最後の会話を交わすシーン
  • 2位:時透無一郎の死亡がほぼ確定したシーン
  • 3位:甘露寺蜜璃と伊黒小芭内の再期
  • 4位:猗窩座の回想シーン
  • 5位:黒死牟の最後

映画の泣ける感動シーン

  • 炭治郎が見た夢
  • 煉獄さんの鎹鴉(かすがいがらす)が泣いていたシーン
  • エンドロールでLiSAの炎が流れた瞬間

悲しいシーンランキングを作成して思ったのは、人であれ鬼であれ登場キャラクターが死亡するシーンは悲しいということ。

鬼滅の刃ではキャラクター1人1人の背景がしっかりと色濃く描かれているので、死亡するとさまざまな想いがこみ上げてきます。

特に自分の好きなキャラクターであれば尚更ですね。

また、映画は映像や音楽が本当に素晴らしくて、感動的なシーンが多かったです。

映画でしか見れないシーンもあるので、まだ見てない方はぜひこの機会に見てください。号泣間違い無しの感動作品になっています!

というわけで今回は以上です!

お得情報
人気漫画の表紙
【マル秘裏ワザ】漫画(電子書籍)を無料で9冊手に入れる方法とは?【人気漫画・新作漫画も無料】

続きを見る

>>【マル秘裏技】漫画を9冊無料で手に入れる方法はこちら

-鬼滅の刃

© 2021 漫画の力 Powered by AFFINGER5