鬼滅の刃

【鬼滅の刃】上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」の過去について解説【継国縁壱との関係性・強さ・性格】

十二鬼月の中で圧倒的な強さを誇る上弦の壱・黒死牟。

無限城での戦いでは、時透無一郎・不死川玄弥の二人を葬っています。

そんな黒死牟には、壮絶な過去があることをご存知でしょうか?

今回は、黒死牟の過去・弟「継国縁壱」との関係性について詳しくご紹介していきます。

黒死牟の過去は漫画の何巻・何話で読める?

鬼滅の刃第20巻

黒死牟の過去は鬼滅の刃第20巻に描かれています。

無料で読みたい方は「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTに登録すると、今なら600ポイントもらえます。

このポイントを利用して無料で読んじゃいましょう。(他の漫画を購入してもOK!)

>>無料登録ページはこちら【U-NEXT31日間無料】

※無料トライアル期間中に解約しても違約金などは一切掛かりません。

上弦の壱・黒死牟の過去

継国 巌勝と継国 縁壱

鬼滅の刃第170話「弟」/ 吾峠呼世晴 / 集英社

黒死牟は双子の兄弟の「兄」として生まれてきました。

黒死牟の人間時代の名は「継国 巌勝(つぎくにみちかつ)」。弟は「継国 縁壱(つぎくによりいち)」と言います。

弟の縁壱は額に痣があったため、「忌み子」と呼ばれ、父親に殺されそうになっています。

しかし、母親が猛反発したことで「10歳になったら寺に出家させる」という条件のもと何とか生かされています。

その後、緑壱は三畳の小さな部屋が与えられ、そこで一人で生活することに。

寂しそうに過ごす縁壱を見て巌勝は「せめて自分は味方になってやろう」という気持ちで「手作りの笛」をプレゼントします。

黒死牟の笛

鬼滅の刃第177話「弟」/ 吾峠呼世晴 / 集英社

この頃の巌勝と縁壱は、絆の深い仲のいい兄弟でした。

継国縁壱の圧倒的な才能

それから幾月の時が経ち、縁壱が天才的な剣の才能を開花させます。

縁壱は、巌勝が勝てなかった師範をいとも簡単に倒してしまったのです。

継国縁壱の子供時代

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

この才能を間近で感じた巌勝は「自分が寺に出家させられるのではない」かと不安を感じ、緑壱の剣の才能に嫉妬し不快感を覚えます。

強烈な嫉妬心を抱く巌勝(黒死牟)

緑壱は母の死をきっかけに突然「寺へ飛び立つ」と言いました。

なぜ緑壱は急に家を飛び出したのか。

その理由は「死んだ母の日記」に記載されていました。

緑壱が家を飛び出した理由は「自分が後継に据えられる」と薄々気付いてしまったから。

そして、日記を読み進めていく内に、「緑壱は母親の死期を事前に察知していた」ということも知りました。

母親は何年も前から左半身が不自由になりつつあり、苦しんでいたのです。

つまり、緑壱が母親にしがみ付いていたのは、病で弱っている母を支えるため。

継国縁壱に寄り添う母親

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

巌勝は緑壱のことをずっと「母親離れができず可哀想」という「憐れみの目」で見ていました。

「縁壱が母を支えていた」という事実を知った時、巌勝の中に眠っていた嫉妬の炎に火が付きます。

緑壱に追いつけない巌勝

それから月日が経ち、巌勝は計らずしも継国家の跡取りとなりました。

妻や子供にも恵まれ、穏やかな日々を過ごしていたそう。

しかしある日、巌勝が野営している所に鬼が現れ、絶体絶命のピンチに陥ります。

そこに突如として姿を現したのが、剣士としてたくましく成長した緑壱。

緑壱は、巌勝が倒せなかった鬼をいとも簡単に倒しました。

継国巌勝と邂逅する継国縁壱

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

緑壱は「強く非の打ち所がない人格者」へと成長していたのです。

そんな緑壱を見て巌勝は、ふたたび激しい嫉妬の炎を燃え上がらせます。

その後、巌勝は「どうしても緑壱の強さと剣技を我が力としたい」と思い、家・妻・子供の全てを捨て「鬼狩りの道」を突き進みます。

鬼舞辻無惨の手ほどきで鬼になる

巌勝は全集中の呼吸を学び、「痣」を発現させるほどの剣士にまで成長しました。

ただ、緑壱のように「日の呼吸」を使いこなすことができません。

このたえがたい事実は、巌勝に強烈な劣等感を与えました。

なぜなら、巌勝は「縁壱を超えたい」と切実に願っていたから。

巌勝の日の呼吸に対する憧れは、日を追うごとに増していきました。

そこでさらに、追い打ちをかけるように「痣を発現させた人物は例外なく25歳になる頃に死んでしまう」という事実を知ります。

絶望する継国巌勝

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

途方に暮れる巌勝…。

そんな時、鬼舞辻無惨が巌勝の前に現れました。

そして無惨は巌勝に「ならば鬼になれば良いではないか」「鬼となれば無限の刻を生きられる」と誘惑します。

巌勝を鬼にしようとする鬼舞辻無惨

鬼滅の刃第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」/ 吾峠呼世晴 / 集英社

継国巌勝を勧誘する鬼舞辻無惨

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

どうしても縁壱を超えたかった巌勝。

最強の力を求め、無惨と契りを交わし鬼となりました。

「緑壱を超えるためなら何でもする」

という強い執念から誕生した鬼。

それが上弦の壱・黒死牟です。

黒死牟は過去に継国縁壱と戦っていた

継国縁壱と継国巌勝(黒死牟)の対決シーン

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

そんな黒死牟ですが、なんと400年前に継国縁壱と戦っているんですよね。

赤い月の夜、鬼となった黒死牟は齢八十を過ぎた継国縁壱と再会します。

最後にあってから実に六十数年振りの再会でした。

黒死牟は縁壱が痣を出現させた剣士であるにも関わらず、未だ生き続けていることに驚きを隠せません。

理を超越した継国縁壱。

ふたたび憎悪が再燃します。

縁壱は鬼となった巌勝を見て「お労しや兄上」と憐れみの目で見つめ涙を流します。

兄に絶望する継国縁壱

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

黒死牟と継国縁壱の勝負の行方

黒死牟は縁壱が攻撃を仕掛けてくると察知しました。

継国縁壱が鬼狩りである以上、当然のことです。

身構える縁壱。

年老いた継国縁壱

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

そして次の瞬間、縁壱は目にも止まらぬスピードで黒死牟の首を斬りました。

継国縁壱と黒死牟の再会

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

継国縁壱の剣技は何一つ衰えていませんでした。

全盛期と変わらぬ速さと威力。黒死牟の中で60年前の記憶が鮮やかに蘇ります。

「次の一撃で首を完全に斬り落とされる」と確信する黒死牟。

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

焦燥と敗北感に打ちひしがれます…。

しかし、縁壱の次の一撃が放たれることはありませんでした。

縁壱は直立したまま寿命を迎え絶命していたのです。

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

あともう呼吸縁壱の寿命が長ければ、黒死牟は負けていました。

縁壱が死んだ以上、黒死牟に誇り高き死が訪れることはありません。

黒死牟はそれから何年もの間、その屈辱を味わい続けることになります。

上弦の壱・黒死牟の詳細情報

人間時の名前継国 巌勝(つぎくにみちかつ)
身長・体重190センチ・93キロ
趣味囲碁
刀の名前虚哭神去(きょこくかむさり)
死地無限城内
討伐者霞柱・時透無一郎 / 岩柱・悲鳴嶼行冥 / 風柱・不死川実弥 / 不死川玄弥

黒死牟は、十二鬼月の最上位(上弦の壱)に立ち続ける剣豪。

呼吸を極めており、顔と首に炭治郎と似た炎のような痣を持つ、元・鬼殺隊の剣士です。

ちなみに霞柱の時透無一郎は黒死牟の子孫。黒死牟は、無限城で対峙した無一郎を一目見ただけで自らの子孫だと把握しています。

黒死牟の性格

黒死牟は鬼でありながら、非常に礼儀正しい性格をしています。

これは、黒死牟が人間時だった頃、武士だったことが大きく関係しているでしょう。

黒死牟は戦国時代を生きた武士であるがゆえに、敵である鬼殺隊の実力も素直に認め、賞賛する姿勢を示すことがあります。

時透無一郎を褒め称える上弦の壱・黒死牟

鬼滅の刃第165話「愕然と戦慄く」/ 吾峠呼世晴 / 集英社

たとえば、自信の子孫である時透無一郎と戦った時には、無一郎の技量の高さや強い胆力を素直に褒め称えていました。

黒死牟の強さ

黒死牟は上弦の壱なので圧倒的に強いです。

鬼舞辻無惨を除いた鬼の中で最強であることは間違いありません。

無惨からの信頼も厚く、他の上弦の鬼からも一目置かれています。

黒死牟の強さは鬼滅の刃第98話「上弦終結」でも明らかになっています。

このシーンでは、黒死牟が「上弦の弐・童磨 / 上弦の参・猗窩座」との小競り合いをたった一言で収めていました。

上弦の壱黒死牟(黒死牟)

鬼滅の刃第99話「誰かの夢」/ 吾峠呼世晴 / 集英社

上弦の参「猗窩座(あかざ)」と黒死牟

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 / 集英社

 

※黒死牟の初登場は遊郭編。上弦の陸である妓夫太郎と堕姫が倒され、上弦全員が無限城に集められたときにはじめて姿を現しました。

黒死牟は過去に上弦の壱の座を明け渡したことがあるのか?

黒死牟は過去に一度も「上弦の壱の座」を明渡したことがありません。

「鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐」に記載されている情報によると、黒死牟が入れ替わりの決戦を申し込まれたのは数百年で3回のみ。

その内の1回は、上弦の参・猗窩座からの挑戦だということがわかっています。

なお、この時、黒死牟は猗窩座を吸収しませんでした。

理由は、黒死牟が猗窩座のことを気に入っていたからです。

黒死牟の過去は漫画の何巻・何話で読める?

鬼滅の刃第20巻

黒死牟の過去は「鬼滅の刃第20巻」に描かれています。

鬼滅の刃第23巻は「U-NEXT」に登録すれば「完全無料」で読めます!

31日間は月額料金も無料。途中で解約しても違約金などは一切かかりません。

鬼滅の刃のアニメも見放題で見れますので、ぜひお気軽にお楽しみください!

上弦の壱・黒死牟の過去・継国縁壱との関係性まとめ

この記事では「上弦の壱・黒死牟の過去・継国縁壱との関係性」についてまとめてきました。

黒死牟の過去を見て、もし私が同じような立場だったらどうするか考えました。

私もおそらく、黒死牟と同じように激しく嫉妬すると思います。

というのも、やはり兄である以上「弟に負けたくない」「見本にならなければいけない」という気持ちが湧いてくると思うんですよね。

負けず嫌いな性格な人は黒死牟コース一直線です(笑)

巌勝は、縁壱と双子の兄弟だったから「私も同じように強くなれるのでは?」と思ってしまったのでしょう。

関連
時透無一郎死亡のアイキャッチ画像
【悲報】時透無一郎が死亡!黒死牟に真っ二にされた最後のシーンを振り返る!

続きを見る

関連
鬼滅の刃に登場する半天狗
【鬼滅の刃】半天狗(はんてんぐ)とは?上弦の肆・喜怒哀楽・過去・死亡・本体・分身について完全解説!

続きを見る

関連
鬼滅の刃 上弦の伍 玉壺
【鬼滅の刃】上弦の伍「玉壺(ぎょっこ)」について解説【死亡シーン・過去・無一郎】

続きを見る

関連
【鬼滅の刃】上弦の陸「堕姫(だき)」&「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」について解説まとめ!

続きを見る

関連
【鬼滅の刃】下弦の伍「累(るい)」について徹底解説!【累の家族(母・姉・父)】【何巻・何話で登場する?】【過去・血鬼術・強さ】

続きを見る

-鬼滅の刃

© 2021 漫画の力 Powered by AFFINGER5