最終回ネタバレ

【漫画】東京大学物語「最終回」のネタバレ・ラストの結末まとめ【無料で読む方法もご紹介】

東京大学物語(とうきょうだいがくものがたり)は、江川達也による日本の漫画。

「ビッグコミックスピリッツ(小学館)」にて、1992年から2001年まで連載されました。

この記事では「東京大学物語の最終回ネタバレ」をご紹介しています。

「東京大学物語の最後の結末が知りたい!」

という方はぜひ本記事をお読みください。

東京大学物語「最終回」までのあらすじ

東京大学物語第1回1ページ目

東京大学物語1話 / 江川達也 / 小学館

東京大学への入学を目指す函館向陽高校3年生の「村上 直樹(むらかみ なおき)」。

優秀な頭脳を持つ彼は、想像が妄想にまで発展する欠点があった。

そんな村上は、同級生の佐野と一緒に観戦した女子テニス部の試合で「水野 遥(みずの はるか)」に一目ぼれする。

衝動的な村上の告白に遥は同意。二人の交際が始まる。

交際することになっても村上の妄想は止まらず、時には遥かに暴言を吐き、危機におちいる事もしばしば。

そんな姿が逆に遥の心を揺さぶり、二人は共に東大を目指すことになる。

しかし、入試直前の初体験が影響して、村上だけ受験に失敗。浪人生となってしまう。

早稲田大学での仮面浪人時代を経た村上は、二度目の東大受験に合格。晴れて東大生となる。

一方で既に性欲の塊となっていた村上は、恋人である遥以外の女性と次々と関係を持つ。

遥もまた、村上とは別の男性に向かう事もあった。

それでも村上を信じた遥の一途さが実り、ついに遥と村上は結ばれる。

遥は妊娠、出産、二人は子を育て、年老いてやがて村上は死ぬ。

「こんなに・・・長く・・・妄想してしまった。」

なんと全ては村上の妄想だった。

これまでの話は全て、一目ぼれした瞬間に妄想を始めた村上の脳内物語。

実際の遥は、奇想天外な不思議ちゃんではなく、年上の大学生と付き合う普通の女子高生であるのだった…。

東京大学物語「最終回」のネタバレ

東京大学物語の最終回に登場する水野遥

東京大学物語最終回 / 江川達也 / 小学館

遥の名前を頭の中で連呼する村上。

好きの言葉が繰り返され、これまでと同等の妄想を50回以上もする。

下駄箱のそばで水野は気安く声をかける。

それに煩悶しながら、彼女を直視する視線の先にあるのは太もも。

気が付いた水野が、「村上がHな妄想をしている」と指摘。

東京大学物語最終回の村上と遥

東京大学物語最終回 / 江川達也 / 小学館

意表を突かれた村上に、水野は「想像で勝手に付き合い、Hなことをしているのでは?」と問う。

全てお見通しの水野に反論できない村上。

しかし水野は以外にも「自分も妄想している。楽しい。」と告白。

この告白に唖然とする村上に対して、水野は堂々と問いかける。

「Hな妄想していたでしょう。」

正直に認めて謝る村上に対して水野は「謝罪は不要だ」と言い、更には妄想の中身を尋ねる。

村上のことを気持ち悪いという水野遥

東京大学物語最終回 / 江川達也 / 小学館

開き直った村上はこれまでの妄想を水野に話す。

意外なことに二人の会話は盛り上がる。

水野と手を振って別れた村上は、彼女をますます好きになった様子。

そして次に会った時、水野は村上にもっと親しげに話しかける。

水野に「あたしのこと好き?」と聞かれ村上は首を縦に振る。

それでも水野は大学生の彼氏がいるため、村上の表情は冴えない。

「でも・・・あたしも、村上くんのこと、好きだよ。」

東京大学物語最終回 / 江川達也 / 小学館

またしても意表をつかれた村上は、赤くなった顔を水野にからかわれる。

何も言えない村上に対して、水野は「キスをしよう」と迫る。

「えっ?どうして?」と慌てふためく村上に水野は「村上くんキスしたそうだし、あたしもキスしたい」と言い頬に手を当てる。

しかしここで突然「教室で教師が水野の名前を呼ぶシーン」に移り変わる。

小学生に戻る遥

東京大学物語最終回 / 江川達也 / 小学館

返事をした水野はなんと小学生だった。

話を聞いていなかった水野は教師にあやまる。

水野は授業中に自分の世界に入り、沢山の妄想をする子供だったのだ。

頭の中で、水野は問い掛ける。

先生達が信じている社会は先生達の妄想の社会だと。

外には、先生達と違った妄想を持っている人達の社会があると。

水野は大人になっても、一つの妄想に縛られず「楽しく自由に生きる」と誓う。

自分の青春は始まったばかりだと。

なんて考えてる女の子がいたらと望む小学生男子。

なんて考えてる男の子がいたらと望む小学生女子。

なんて考えてる・・・・ENDLESS DREAM。

東京大学物語「最終回」を無料で読む

東京大学物語「最終回」の見どころ

最終回のオチ

東京大学物語の最終ページ

東京大学物語 / 江川達也 / 小学館

もちろん終盤のどんでん返しからの更なるオチですね。

最終回の直前に村上と遥の物語が妄想、虚構であったことが判りました。

それでも新たな物語が始まる、もしくはそれ風の終わりかと思ったら、実は小学4年生の妄想だったというオチ。

当時の読者の混乱と驚きはいかほどばかりか。

私もそうでした。

8年間追いかけた読者が374話目にして明かされる真実。

この瞬間、雑誌(もしくは単行本)を持ちながら震えたか笑ったか、それとも床に本を叩きつけたか。

どれかは判りませんが、平静な心で読み終えた人はまずいないでしょう。

それぐらいの衝撃的な事件でした。

知らない人に勧める時は、ネタバレしない程度に教えておくべきかもしれません。

東京大学物語の最終回はそれくらい、強烈なオチです。

村上のキャラ

東京大学物語の最終巻

東京大学物語 / 江川達也 / 小学館

村上はプライドが高く、学力と学歴で他人を見下すことが多い人物。

それでいて異常な妄想癖を持っているので、彼の存在について読者の何割かは「気持ち悪い」と思っていたはずです。

友人でも知人でも同級生でも、一緒に居たいかと聞かれれば間違いなくNO。

こんなキャラが身近にいるか?と聞かれてもNO。

村上は拒否反応すら引き起こす強烈なキャラなのです。

ただ、村上はデフォルメされただけで「よくいる思春期の男子高校生なのではないか?」と思う自分もいるんですよね。

というのも、高校生ぐらいの頃って多かれ少なかれ、謎の全能感を持っていて、変な妄想したりしませんでしたか?

まあ全て妄想だと判明するので、こんな極端な人間は作中でも妄想の産物になってしまいますが。

東京大学物語「最終回」を読んだ人の感想

東京大学物語の「最終回(34巻)」を無料で読む方法

東京大学物語最終巻(34巻)の表紙

東京大学物語の最終回(第34巻)を読むなら「コミック.jp」がおすすめです。

コミック.jpに登録すると「1,200ポイント(まんが約2冊分)」もらえるので、つまり漫画をタダ読みできます。

コミック.jpの月額プラン(1,100円/税込)を30日間無料で体験できます。

登録は3ステップで簡単!

いつでもすぐにキャンセル(解約)できます。

※ご登録日を含む30日間以内に解約した場合、月額料金は発生しません。

>>コミック.jp公式サイトはこちら【30日間無料】

東京大学物語「最終回」のネタバレ|まとめ

東京大学物語最をはじめて読んだ時、「もう何が何だかわからない…。」と絶望しました。

しかし、私はその時あることにふと気付いたのです。

それは、村上の吹き出し外の膨大なモノローグ=妄想量。

主人公が暴走する滅茶苦茶な展開。

お子様には見せられないエロシーンの連続。

そんな作品のラストシーンが"主人公の安らかな死"で良かったのかと…。

事故死・殺害死のバッドエンド。東大卒業からの桜の木の下でハッピーエンド。

これらは絶対に違う。

東京大学物語は、哲学的な思考が生まれるほどの問題作なのです。

だから、これはこれで良い最終回だったのでは?と思うんですよね。



  • この記事を書いた人
ミスティー

ミスティー

ブロガーの「ミスティー」と申します。当ブログでは「漫画」や「電子書籍サービス」に関する情報をお届けしています。ぜひ楽しんでいって下さい。

-最終回ネタバレ

© 2022 漫画の力 Powered by AFFINGER5